Windows電卓アプリを効果的に使う設定 おまけ「Pause」でウィンドウを最前面に!

おまけの機能やアプリだからって馬鹿に出来ませんよ。
今回はおまけの「蛇足」が長めです。


小さくとも充実しています

電卓アプリ どこにある?

ハードとソフトの大きな違いの一つに見つけやすさがあります。

たとえば、電卓。

語源が電子式卓上計算機ということはの通り、
ハードの電卓は目につきやすい機器です。

一方、ソフトの電卓、とくにパソコンで使用する場合
目につきにくい印象です。

とはいえ、Windows であれば初期状態で搭載されています。

見つけ方は下記の通りです。

  • Windows キー → 「電卓(でんたく)」

電卓アプリ いつでも使える設定

ハードの電卓の限界については以前お伝えしました。
(電卓 必需品か?)

また、スマホの電卓アプリの魅力もご紹介しました。
(私の電卓放浪記 ハードからアプリへ!)

電卓を使う機会や割合は低下していますが、ゼロではありません。

むしろパソコンを使用している際にちょっとした計算をサクッとするなら、
電卓アプリをサクッと使えるようにしておくことがおすすめです。

上記で紹介したように電卓アプリを「タスクバーにピン留め」しておく
というだけでも効果的です。

電卓アプリは他のアプリと並行して使うことが多いので、
最前面に出して使用することもできます。

Excelでも下記の設定をしておくと、クイックアクセスツールバーより
電卓アプリが起動できるのでアクセスが向上します。

クイックアクセスツールバーのカスタマイズで「コマンドの選択」の
「リボンにないコマンド」より電卓を追加しておきます。

電卓アプリ ソフトとウェブの魅力

電卓アプリは一般的な電卓機能だけではありません。

ハードの制約を受けず、ウェブともつながっている強みがあります。

まず多機能です。

日付の計算」はカレンダーを使用しつつ日数計算ができます。

結果は以下の通り。

また指定した日付からの将来(加算)と過去(減算)も計算できます。

2022年(令和4年)注目されがちな為替レートも電卓アプリでは
自動で更新されます。

Windows の電卓アプリを常に使う必要がある仕事の進め方は
パッとしません。

一方で、サクッと使いたいところでもたつくのは残念です。

電卓アプリの割り切りつつも効率的な使い方がおすすめです。

 

ちょっと長めの蛇足
電卓アプリの地味だけど大切な機能では、

  • アプリを最前面で使える

といったことがあります。

他のソフトやアプリでも「最前面」で使える機能を
フリーソフトで実現することができます。

最前面でポーズ

フリーソフト「最前面でポーズ」をダウンロードして、
右クリック→「すべて展開」を選択すると使用できます。

最前面に置きたいウィンドウを置いた状態で、

  • 「Pause」を押す

という操作だけで実行できます。
(再度Pauseを押すと解除となります)

長らく使途不明キーだった「Pause」の活躍の出番です(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン