災害の記録と伝達はスマホの利用がおすすめ

大雨による水害が梅雨だけでなくなっていくんでしょうか?

記録と伝達 真夏でも水害

2020年(令和2年)から続いているコロナ禍は陰謀論を別にすれば
世界史的な大災害です。

2022年の日本では依然としてコロナ感染が拡大しています。

6月以降は例年以上の酷暑が続いています。
連日の酷暑も災害といえます。

さらに状況を悪化させそうな災害が大雨による水害です。

8月4日(木)は私の住む石川県でも早朝より大雨警報が発表されました。
土砂降りと雷鳴で酷暑から一変した様相です。
気温も23℃ほどと急降下しました。

そんな中、山間部の実家より電話がありました。

実家の地域でも激しい雨が降り、水路が増水したということでした。

普段の大雨による増水とは異なり、町内では

  • 流木により水路が氾濫!?
  • 車が浸水!?
  • 土のうにより浸水を防いでいる!?

といった光景が見られるという連絡でした。

幸い実家では被害がでていないというものの、
困ったのは上記の「!?」でした。

記録と伝達 スマホで記録と伝達

ことばでの記録や伝達は、

  • 長期間の保存性
  • 広範な伝達や検証

といった点で有効です。

反面、ことばでの記録や伝達は、

  • 語彙(ごい)の選択や表現力

による影響が記録や伝達をする側とされる側双方に
必要とされます。

むしろ、ことばだけの記録や伝達では不一致になります。

私が実家からの連絡で「!?」と表現した背景には、

  • 表現と実態の不一致

を予想したためです。

百聞は一見に如かずといいますが、視覚情報が必要です。

災害の記録と伝達にはスマホの利用がおすすめです。

スマホにはカメラとカメラアプリが備わっています。

写真だけでなく、動画の撮影も難しくありません。

カメラアプリを起動すると、「写真」だけでなく
「動画」も同じアプリで撮影できます。

カメラアプリを起動して、

  • 下部の「写真」を「動画」にスライドして変更し、
  • シャッターアイコンを押すことで録画を開始
  • 再度シャッターアイコンを押すことで録画終了

と操作は複雑ではありません。

スマホカメラを利用する記録のメリットは、

  • 記録と伝達がつなげられる

という点にあります。

スマホで撮影した画像や動画は送る(伝達する)ことができます。

たとえば、LINE。

画面左下のアイコンや「+」から画像や動画ファイルを送れます。
(動画は5分以内が上限です)

記録と伝達 事後対応にも記録を参照

災害は印象や記憶には残ります。

一方で、災害後の事後対応には印象や記憶よりも
記録が必要になります。

災害後の対応は保険や復旧だけでなく、

  • 確定申告での雑損控除
  • 社会保険料の免除や猶予

と時間を隔てて向き合う手続きもあります。

スマホを利用した画像や動画での視覚情報による記録が
将来にも役立ちます。

 

関連

 

蛇足
週末は実家と町内の確認に行く必要がありそうです。

蛇足2
スマホでの災害の記録と伝達は、

  • 災害後の将来の対応
  • 家族や関係者への連絡

を意図しています。
SNS投稿のためではありません。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン