厄介で面倒なことはつまらないか?
「地積規模の大きな宅地」の机上調査

安楽椅子アームチェア税理士」っぽいお話です。

相続税の財産評価が税法だけでは完結しない
といった一例です。

安楽椅子調査 厄介・面倒≠つまらない

「法律 相続」ということばの並びだけで

  • 厄介で面倒な問題なのでは?

と連想しがちです。

当たっています(笑)。

カンタン・お手軽と対照的な印象で間違っていません。

とはいえ、だからといって「つまらない」対象
というつながりはありません。

むしろ調べる過程で興味が深まっていくこともあります。

たとえば、「地積規模の大きな宅地」の問題。

安楽椅子調査 「地積規模の大きな宅地」とは?

相続で目立つ財産として「土地」があります。

路線価や倍率で評価する対象です。

土地の中でも一定規模以上の広さの宅地では、

  • 「地積規模の大きな宅地」

といった評価の対象となります。

一定の規模は以下の通りです。

  • 三大都市圏:500㎡以上
  • 三大都市圏以外:1000㎡以上

制度の趣旨は、

  • 戸建て住宅としての分譲に不利になる
  • 地積規模の大きな宅地に対して
  • 財産評価で減価する

とザックリとらえることができます。

納税者予備軍の相続人にとって気がかりな制度です。

反面、厄介で面倒なことは相続税法だけで完結していないことです。

「地積規模の大きな宅地」では、

  • 都市計画法」が
  • 重層的に

適用の判断に関わってきます。

幸い、判定のためのフローチャートが利用できます。
 (「地積規模の大きな宅地 新設 国税庁」で検索)

厄介で面倒といっても、なんとかなりそうです。

フローチャートは「Yes」と「No」と判断が分節化されています。

それでも、ちょっと停止してしまうのは下記の判定です。

「市街化調整区域」であれば「地積規模の大きな宅地」の適用外です。

「市街化調整区域」では「開発行為」での市街化が抑制されます。

言い換えれば、宅地分譲といった想定とは不一致です。

しかし、「都市計画法34条10号・11号」に該当する場合、

  • 「市街化調整区域」でも「地積規模の大きな宅地」の適用OK!

正反対真逆の判断になります。

念のため都市計画法34条を確かめます。

市街化調整区域でも開発行為が可能ということです。

第34条10号・11号、ついでに条例が関わる12号は以下の通りです。

法律上ともかく、どうすりゃいいの?、とどん詰まりとなります(笑)。

突破口は役所への照会です。

土地が所在する自治体への照会で確認します。

  • 「都市計画 市街化調整区域 ○○自治体名

といった検索で照会先が調べられます。

安楽椅子調査 効率化だけが焦点か?

「地積規模の大きな宅地」の検討を机上で進めていると、
効率化を重視している印象が強まります。

移動を最小限にして、オンラインでデータを入手すると
結果的に効率性は高まります。

ただし、効率性は結果の一部ともいえます。

相続の手続きの一環としての相続税の扱いといっても
関連する法律や仕組み、データは広がりがあります。

現場や現地調査の準備が不足していると、
取りこぼしや見逃しもありえます。

「安楽椅子税理士」での調査だからこそもてる余裕もあります。

 

蛇足
アイキャッチ画像は雪の季節につきものの光景です。
「ゲソコン(下足痕)」はサスペンスドラマで頻出します。
雪国(石川県)に住んでいると特別な知識や能力がなくとも
ゲソコンが情報やデータと実感できます。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画