確定申告期前の身体検査!?
関与先名簿と従業員名簿の提出

勤務していたときには想定もしていなかったことが
税理士に登録した後で直面することがあります。

税務会計サービスに関わっている場合でも、
馴染みのないイベントかもしれません。

「パンとさかな」(石川県白山市)

身体検査 確定申告期前の準備

12月も終わりに近づき、「新年」が感じられるようになると、
税理士業界では「確定申告期」や「繁忙期」となります。

税理士目線では、

  • スケジュールの確認や調整
  • 仕事量の確認
  • 令和4年度分申告のブラッシュアップ etc.

といった準備に迫られます。

確定申告を予定されている方であれば、

  • 資料の収集や整理
  • 入力処理
  • 資金繰り

といったことが気になるかもしれません。
 (年内からの準備がおすすめです)

そして、課税当局。

確定申告期前、当局から税理士に、

  • 関与先名簿
  • 従業員名簿

という書類の提出が求められます。

税理士の「身体検査」といった印象があります。

身体検査 関与先名簿と従業員名簿とは?

「関与先名簿」や「従業員名簿」を当局に提出するというと、

  • 税理士は当局の走狗イヌなのか?

と誤解されそうです。

上記の書類提出には、

  • 税理士による税理士法違反
  • ニセ税理士活動

という問題が背景にあります。

下記は提出書類に同封されていた資料です。

提出が求められる書類は以下の内容です。
 (私が所属している北陸税理士会の例です)

■「関与先名簿」

  • 個人・法人
  • 関与形態(記帳・決算・申告・相談)
  • 管轄する税務署

個別具体的な関与先の報告はありません。

■「従業員名簿」

勤務時代に上記のような書類の存在を知っていたら、

  • 税理士事務所の従業員は潜在的な脅威なのか?

と驚いたかもしれません。

上記の書類提出が当局から税理士に求められる根拠に
下記の税理士法があるようです。
 (税理士法第55条第1項)

税理士業務の適正な運営を確保するため」という切り口となると、
税理士には見過ごせない対象となります。

身体検査 依頼の前にご確認!

確定申告を自分で、あるいは相談会場にて片付ける方であれば
依頼に対する不安は検討不要です。

それとは別に、確定申告の手続き等を税理士に依頼する場合、
留意事項があります。

「ニセ税理士」への依頼の回避です。

うっかりニセ税理士に確定申告の処理を依頼してしまうことで、
余分な不安や負担を抱えることになります。

確定申告の処理を依頼する前にはご確認がおすすめです。
 (ニセ税理士に騙されないための護身術とは?)

「確定申告なんて2月(3月!?)からでも間に合う!」ではなく、
早めに準備することで確認の余裕がもてます。

 

蛇足
アイキャッチ画像は2022年(令和4年)にオープンしたパン屋さんです。
「日々のくらしに、よりそうパン」というコンセプトで、
さかな」として食のおともとなるパンを掲げているようです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金