振替納税の前に納税ってできる?、取りやめ手続きって必要?

マイナーだけど大事な手続きですね。


とうふパン(ビロン・小松市)

振替納税 迷ったときの選択肢

確定申告では申告書の提出と納税の完了の両方が必要です。
(確定申告はコールを選択してからスタート!?)

申告書の提出は、

  • 電子申告
  • 紙に印刷して提出

と直感的にもわかりやすい選択肢です。

その一方で、ちょっと選択に悩むのが納税です。

どの方法を選んでも納税額は変わらないものの(笑)、
出費をともなう選択では損をしたくない気持ちが働きます。

納税の選択で迷ったときには、とりあえず「振替納税」が
無難な選択肢です。

銀行口座からの引き落としです。

振替日に残高不足だと納税が完了しません。

その一方、振替納税を選択していれば、

  • 納税の漏れや遅れがなく、
  • 納税も4月まで持ち越せる

といったメリットがあります。

振替納税 始めるときも取りやめるときも届出

振替納税の開始は2021年(令和3年)1月からはe-Taxでの
手続きが可能になりました。

オンライン手続きができるようになったので、
利用しやすくなったわけです。

納税のストレスをさげる当局の事業努力とも、
納税者への行政サービスの充実ともいえます。

振替納税の開始手続きが便利になった一方で、
取りやめ手続きは案外知られていないかもしれません。

振替納税の取りやめの手続きも届出が必要です。。

あれっ!?、と思われるかもしれません。

振替納税の取りやめ手続きでは、

  • オンラインではなく紙の書類

の提出が必要です。

提出先は所轄の税務署です。

振替納税の手続きは開始と取りやめで非対称というところが
留意点になります。

「取りやめ申出書」は国税庁サイトよりダウンロードできます。
(「振替納税 取りやめ」で検索)

申出書の末尾には金融機関への連絡を納税者が行うよう
指示が書かれています。

取りやめは開始手続きほどの利便性が感じられなさそうですね(笑)。

振替納税 うっかり先に払ったら?

さて、振替納税の取りやめ手続きをせずに
ダイレクト納付した場合どうなるか?

口座振替は当局が納付確認を行った上で、
金融機関に振替を依頼します。

つまり、ダイレクト納付で納税した場合には
口座振替がなされません。
(もし振替られたとしても還付されます)

ちょっと一安心です。

とはいえ、お金の管理が不透明になるのは
避けたいところです。

納税は金額に注目しがちですが、
時期と納税方法の管理も確認の対象です。

 

蛇足
アイキャッチ画像のとうふパンは豆腐の容器に
入れられて販売されています(笑)。
パンの材料には豆乳も使われており、
生地やクリームは絹ごしの印象です。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画