手帳とカレンダーで時間を稼ぐ! 時間の天引きと見える化

スケジュール管理は既に来年に突入…


スケジュール調整も試行錯誤

時間を稼ぐ 取り戻せない!

税理士という仕事柄、お金と時間は関係している
と感じることがよくあります。

  • 暦年課税
  • 減価償却
  • 借入と支払利息

上記の例は、どれもお金と時間が関連しています。

仕事でも日常生活でも何らかの役割を担うようになると、
お金だけでなく時間の貴重性も感じます。

時間はお金と違って取り戻せない点が厄介です。

お金は将来取り戻せる可能性もありますが(ですよね?)、
取り戻せない時間には先手を打つ必要があります。

私の時間管理の方法は以下の2つです。

  • 時間の天引き
  • 時間の見える化

時間を稼ぐ 天引きでダメージコントロール

お金の管理では、給与以外でも天引きが有効です。
(天引きはコスパ重視のお金の管理です! 天引きを機能させるためには?)

あらかじめ一定の金額や割合を天引きしておけば、
将来の出費(=ダメージ)に耐えられます。

時間も同じく天引きの管理ができます。

まず、自分側からの天引きとして、

  • 土日祝日:休業
  • 営業時間:9~17時

があげられます。

電話やFAXでの応対ではなく、連絡をメール中心にしておけば
管理が安定します。

時間管理で天引きが有効になるのは、将来の外部との予定が
あるからこそともいえます。

時間を自分のためだけに使うなら、ルーズや気まぐれも
ありです。

残念ながら、個人のルーズやきまぐれがOKという仕事は
ありません(笑)。

自分では変えられない、避けられない予定を管理することは
時間管理のダメージコントロールになります。

時間管理でも天引きが機能します。

時間を稼ぐ アナログでもデジタルでも見える化

見える化というと生産管理や効率性を連想しますが、
時間管理の手法としても古くからある印象です。

  • 時計
  • 手帳
  • カレンダー

どれも時間の見える化と関連します。

とくに手帳とカレンダーが将来の時間管理と
つながっています。

手帳もカレンダーもアナログとデジタル両方のツールが
あります。

私が主に利用しているのは、

  • 手帳:紙(アナログ)
  • カレンダー:Googleカレンダー(デジタル)

と分けています。

手帳は予定だけでなく、メモや落書きといった
人様には見せられない内容もあります(笑)。
(いざとなったら破って捨てます(笑))

カレンダーは変更や追加、連絡のためにGoogle カレンダーを
使っています。

お金の天引きと同じく時間の天引きもちょっとストレスですが、
将来の実態が見える化できるのでおすすめです。

 

蛇足
2020年より愛用の手帳「BizGRID(永岡書店)」が
2022年は廃版になってしまいました。
サイズA5・バーティカル・方眼の仕様はシンプルですが、
代替品を探すと意外にないものです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画