パクリ・模倣からスタートでも試行錯誤で魅力が増す理由とは? 

完全で完璧なコピー「完コピ」ができない・しないことも魅力です。


炎天下でも自動で散水

パクリと試行錯誤 何が楽なのか?

何かしらの技術やスキルを習得しようとするときに

  • パクリ
  • 模倣

といった選択をすると楽ができる印象があります。

その通りです(笑)。

リアルでは本や雑誌、ウェブではブログやYouTube・SNSで
魅力的なスキルやノウハウが公開されています。

要領よくパクってしまえば、最小の労力・最短の時間で
成果が上げられると期待できます。

パクリや模倣での楽では、習得に投入する労力と時間に
注目されます。

そうしたパクリや模倣による楽は間違いではないのですが、
達成目標に対する「気楽」や「楽観」にも魅力があります。

パクリと試行錯誤 失敗と違和感

仕事や処理での改善をしようと参考情報を検索すると
それほど時間もかけずに目当てのコンテンツが見つかります。

特別な機器や多額の費用が必要な場合を除けば、
とりあえず試してみることもよくあります。

ブログや YouTube で手際よく解説されている場合、
コンテンツを閲覧しただけで「できた気」になります(笑)。

ウェブサイトの利用やGoogle Chrome の拡張機能、フリーソフトの利用など、
ちょっと試してみるだけで成果を実感できることもあります。

その一方で、参考にしたコンテンツの成果を再現できなかったり、
期待していた成果とはズレを感じることもあります。

パクリや模倣による完コピの達成だけが目的であれば、
再現の不備や違和感は残念な失敗の烙印です。

視点をずらしてパクリや模倣の目的を、

  • スタートや導入といったきっかけ
  • 試行錯誤の一環

ととらえると、完コピ状態以外も成果になります。

たとえば、スニペットツールの選択。

ウェブ上で推薦されていたスニペットツールとの相性が良い
とは限りません。

必要な機能を求めつつ、他の選択肢を試してみることで
自分に合った実行環境が得られたりします。
(スニペットツールBeeftext 入力効率化におすすめ)

パクリと試行錯誤 再現過程が大切

パクリや模倣での「楽」には期待している成果の達成が
何かしら可能とおもえる「気楽」や「楽観」があります。

パクリや模倣は試行錯誤の不安を少なくしてくれます。

別の見方をすれば、パクリや模倣で気楽に試行錯誤できることで
再現している過程での分析や検討の余裕がもてます。

パクリや模倣に自分にとって必要な試行錯誤が加わえていく過程に
パクリや模倣の魅力があります。

 

パクリや模倣では下記もご参考に。

 

蛇足
「パクリ」や「模倣」といった表現がお好みでないなら、

  • リスペクト
  • トリビュート
  • オマージュ

への変換がおすすめです(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン