小規模企業共済は確定申告とセットです! 節税も退職所得もガッツリと!

当局公認という点がおいしいところです。

小規模企業共済 経営者のための制度

確定申告とセットになるテーマが節税です。

適切な経費や所得控除の計上が定石です。

経費も控除も共通しているのは、

  • 計上した年の節税に効果がある

ということです。

事業活動で計上した売上原価やその他の経費も、
所得控除で計上した社会保険料や扶養控除などを
とりあげるとわかりやすいはずです。

そうしたなかで「小規模企業共済等掛金控除」は
ちょっと毛並みが違う特徴があります。

小規模企業共済等掛金控除は、

  • 掛金の所得控除による節税
  • 共済金の退職所得での課税

での節税効果も期待できます。

小規模企業共済 途中もゴールも節税!

小規模企業共済とは、

  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営している
  • 経営者のための退職金制度

という仕組みです。

強制加入ではなく、

  • 経営者が任意で
  • 月額:1,000円~70,000円

で掛金を設定できます。

小規模企業共済での掛金による節税効果は、
確定申告書の所得控除に表れます。

掛金次第ですが、所得控除では金額が大きくなる、
節税効果が大きくなる可能性があります。

小規模企業共済を掛け続けることを想定すると、
掛金による節税効果は無視できません。

小規模企業共済は最終的には共済金を受け取ることが目的です。

共済金(解約手当金)は退職所得として扱われます。
(一時所得や雑所得の扱いもありますが、今回はスルー)

あれっ!?、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

確定申告書には「退職所得」の記入欄が無いのでは?、と。

確定申告書の定番・第一表には「退職」の記入欄はありません。

退職所得の申告書は「第三表」が使われます。

第三表は「分離課税」を対象とした申告書です。

第三表は、第一表での所得と異なる税金の計算をする所得
のための申告書です。

退職所得への課税は下記の退職所得が対象です。

  • (収入 - 退職所得控除) × 1/2 = 退職所得

ポイントは、

  • 「退職所得控除」での差引
  • 1/2に圧縮して課税

という税金の負担が少なくなる仕組みです。

退職所得控除は掛金の年数(X)に応じて決まります。

  • 20年以下:40万円×X年
  • 20年超:800万円+40万円×(X年-20年)

退職所得は控除額が大きくなる可能性と1/2という効果で
税負担が小さい、節税効果が大きい所得といえます。

小規模企業共済 計画的に利用するためには?

小規模企業共済による節税効果だけをとりあげると
バラ色です。

残念ながら、バラにはトゲがあります(笑)。

掛金による節税効果も所得がある、税負担が見込まれる
ことが前提です。

小規模企業共済は掛金は柔軟に設定できますが、
長期的には外部で拘束されています。

20年以内に解約すると、元本割れとなります。

経営の状況や計画、手元のお金の事情を把握しておかないと
残念な結果になる可能性もあります。

確定申告をきっかけにして小規模企業共済の利用や
経理の仕組みを再検討することがおすすめです。

 

蛇足
先日とある小規模企業共済の共済金を受けとられた方の
申告書の作成に携わりました。
「老後2,000万円問題」を吹っ飛ばす威力でした(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画