スマホで確定申告をおすすめできるか?

手軽な魅力も条件次第です。

スマホで確定申告 身近になった電子申告

役場や商工会議所での確定申告の相談を受けていると、
意外な印象を受けることがあります。

高齢者であっても毎年相談会場で申告を済ませる方は、
電子申告に抵抗がないことです。
(入力や送信は税理士が行いますが)

電子申告e-Taxも身近になってきている印象です。

そうした状況なので、スマホでの電子申告ができることも
驚くほどのことではありません。

確定申告をスムーズに進められる手段が増えることは
魅力があります。

とはいえ、スマホで確定申告も手放しでおすすめ
とはいきません。

スマホで確定申告 おすすめできるか?の分かれ目

スマホで確定申告ができる対象は以下の通りです。

スマホでの確定申告がおすすめな方は、

  • 給与所得者で年末調整をしていない方
  • 2か所以上から給与所得のある方
  • 給与所得者で年末調整で不備があった方
  • 年金で生活をされている方

といったところです。

上記の納税者であれば、

  • 源泉徴収票
  • 控除証明の書類

をスマホで入力すれば申告が完了します。

その一方で、スマホでの確定申告を強くおすすめしない方は、

  • ビジネス活動での雑所得のある方
  • 医療費控除を受ける方

といったケースが想定できます。

上記のケースでは、

  • 申告手続き以前でのデータの整理が必要

という共通点があります。

たとえば、ビジネス活動での雑所得。

事業所得のような帳簿は不要ですが、損益の集計が必要です。

雑所得といっても

  • 収入 - 経費 = 利益 → 所得

という処理が前提だからです。

国税庁のサイトではシンプルな集計フォームが準備されています。

同じように医療費控除の集計フォームも準備されています。

Excel や Google スプレッドシートで利用できます。

通常の利用であれば、上記のフォームはパソコンで使用するはずです。

見方を変えると、上記の集計フォームをスマホだけで利用するのは
かえって非効率や不便さが目立ちます。

集計はパソコンで処理して、申告手続きはスマホで行う流れは
作業効率の面からはパッとしません。

スマホで確定申告 スマホでできないに慌てないために

パソコンは安くなり、動作にも不安がなくなりましたが、
スマホほど直感的には使えない機器です。

キーボードの操作やファイルの管理は慣れない方には
とっつきにくい印象かもしれません。

反面、パソコンを利用することには、

  • 画面に表示される情報量が多くなり
  • データやファイルの管理が行き届く

というスマホにはないメリットがあります。

スマホでは充分にできないことに慌てないためにも、
パソコンの使用を避けないことがおすすめです。

確定申告での電子申告はパソコンに慣れるきっかけになります。

 

蛇足
アイキャッチ画像は耕作前の水田です。
昨日は雪がまだらに残っていました。
今日の昼には春を予感させる光景でした。
残念なことに3時間後には雪で覆われました(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン