ワイヤレスでちょっとだけ作業環境を広げてみる! リモートワークとひとり仕事

リモートワークだからこそ、柔軟な選択ができます。

ワイヤレスでちょっと それでも定着するリモート

2020年(令和2年)からのコロナ禍をきっかけに注目されたのがリモートワークです。

事業規模や業種によりリモートワークの導入は、いまだに賛否両論があります。

その一方で、コロナ禍以前からの働き方改革の流れもあり、リモートワークといった
仕事の環境は定着しそうです。

生活と仕事の場所が重なることで、これから先も試行錯誤が続きます。

リモートワークの案外見過ごされやすい前提の一つが、ひとり仕事かもしれません。

ワイヤレスでちょっと ひとり仕事環境は快適か?

組織に所属していると、否応なく集団での仕事環境です。

私はフリーランス・個人事業主での税理士ですが、お客様との面談や訪問では
少なくとも2人以上の環境での仕事となります。

とはいえ、独立してからはひとりでいる時間が圧倒的に増えました。

事務所にいても自宅にいてもひとりという状況が長くなったわけです。

勤務していたときのようにスーツやネクタイでいる必然性はありません。

自宅でパソコンをチェックするだけなら、シャツとパンツ姿でもいいわけです(笑)。

ちょっと疲れたと思ったら、ゴロゴロしていられます(笑)。

こうしてみるとひとり仕事は柔軟な作業環境を手に入れることができる
という印象があります。

しかし、自分では柔軟だと思っていても、意外に窮屈な作業環境のまま
ということもありえます。

ワイヤレスでちょっと スマホにも環境を拡張する

パソコンでの作業環境の改善ではこれまでにも取り組んできました。

パソコンで取り組む仕事といっても必ずしもパソコン本体で完結させる
必然性はありません。

ちょっとしたガジェットを加えることで、環境が変わります。

  • マイク
  • ヘッドセット
  • マウス
  • キーボード

パソコン本体とは別に用意する必要があるので、一見非効率ですが、

  • パソコン付属の機能よりも高性能
  • ワイヤレスで作業範囲を広げられる

といったメリットがあります。

たとえば、ウェビナー。

顔出しが不要ならば、ワイヤレスのヘッドセットを利用してリラックスした状態で
参加することもできます。

さらにBluetooth 対応のガジェットを利用すると、スマホでの作業環境にも
転用できます。

ひとりの仕事環境は自己完結しがちです。

これまで使ってこなかったガジェットを試してみると仕事環境の改善だけでなく、
仕事環境の拡張ができるかもしれません。

 

蛇足
最近購入したガジェットは以下の2つです。

  • ヘッドセット:Kimwood Bluetoothヘッドセット 2021年進化版
  • キーボード:Ewin ワイヤレスキーボード Bluetooth 折りたたみキーボード搭載

どちらも使いやすい印象です。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン