名刺よりデータを準備しておく!
連絡先にQRコードをセット

いまいち気乗りしないことを否定や拒絶するよりも、
都合よく折り合いをつける選択肢もあります。

どこに飛ぶか?

名刺よりQRコード 無下にできないが…

2022年(令和4年)11月、コロナ感染は「第8波」が懸念されています。

その一方で、観光地や繫華街では人通りも増えつつあります。

コロナ禍でリモート会議が定着しましたが、
対面での応対も戻りつつあります。

そうした中で復活することがほぼ確定なことに
「名刺交換」があります。

ビジネスで応対する方に自己の情報を提供する
といったことはスルーできません。

ただし、紙の名刺の利用では、

  • デザインや記載内容の決定
  • 印刷や発注
  • 保管
  • 手元の名刺の数量管理

といったわずらわしさがあります。

また、相手方より受け取った名刺の取り扱い
といった負担もあります。

やりとりする対象が紙という媒体の名刺ではなく、
データとしての名刺であれば別の選択肢があります。

名刺よりQRコード データを渡す準備

QRコードを作成するウェブサイトがあります。

たとえば、「QRのススメ」

各種のデータをQRコード化できます。

その一つに、「アドレス帳に登録」もあります。

興味深いのは、作成したQRコードがスマホで読み取り、

  • アドレス帳に追加できる

といった機能です。

言い換えると、上記のサービスを使うことで、

  • QRコードで名刺でのデータをやりとりする

といった利用が可能です。

上記のウェブサイトはスマホでも利用できます。

必要なデータを入力して作成したQRコードは
ダウンロードして利用できます。

「必要なデータ」は必ずしも全ての入力項目ではありません。

たとえば、電話番号。

名刺に記載のあるメジャーなデータです。

その一方で、名刺で電話番号を記載することは、

  • 電話番号というデータだけでなく
  • 電話でのやりとりを肯定する

といった意図を示すことにもなります。

コミュニケーション手段を選択している場合であれば、
選択していない手段のデータを加えないことも可能です。

上記のシンプルなデータだけでもQRコードは作成できます。

サイズや色の変更も可能です。

名刺よりQRコード 複数の選択肢がもてる

上記のQRコードはパソコン上で作成しました。

同じようにスマホでもQRコードが作成できます。

さらにスマホの「連絡帳」アプリで新規に名刺用の連絡先を作成します。

ここで初期設定では表示されていない写真を
ダウンロードしておいたQRコードに設定します。

さらに右上のメニューより「ホーム画面に追加」を選択します。

下記のようにショートカットがスマホのホーム画面に作成できます。

「名刺交換」の際にはショートカットよりアクセスして、
QRコードをタップして相手に示せば利用できます。

一度設定さえすれば、名刺の管理の煩わしさから解放されます。

また、複数のデータを相手や状況によって使い分ける場合、

  • 連絡先
  • QRコード

といった準備をしておけば、スマホ1台でも管理できます。

紙の名刺か、それともデータか?、といった択一ではなく、
折り合いのつけ方を増やす発想が負担を減らしてくれます。

 

蛇足
かつて家庭でも職場でも「灰皿」があるのは当たり前の光景でした。
いまでは人目につかないところに置かれていたりします。
名刺ファイルがある当たり前の光景も変化するかもしれません。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画