オフィスソフトは必要か オンライン対応も

あたりまえを見直して、一歩先へ。

オフィスソフトは必要か 仕事上は必須

パソコンを使っている上で必要不可欠なソフトといえば、 OS・ ブラウザ・オフィスソフトです。

オフィスソフトはとりあえず、ワープロ・表計算・プレゼンテーションを対象とします。

使用頻度や使い方にもよりますが、オフィスソフトが完全に不要という方はまる稀です。
オンラインでのデータや書類のやりとりをする際には、オフィスソフトを利用する機会はあるものです。

一般にオフィスソフトといえば、 Microsoft 社のオフィスソフトが有名です。

私の場合は、 Microsoft 社の 「Microsoft 365」を使用しています。

月額990円ですが、バージョンアップ対応などを考えると、割に合うと思っています。

とはいえ、使うソフトはエクセル> PowerPoint>> word という状況で、均等に利用しているわけではありません。

オフィスソフトは必要か 選択肢は価格や形態でいろいろ

経済的に厳しかったときには、オフィスソフトを購入するという選択で迷いました。

それでもエクセルだけは必要だと思って、エクセル単体を購入した記憶もあります 。

しかし現在では、オフィスソフトの選択も価格や利用形態で多様です。

有料のソフトでは、Microsoft社だけではなく、 Microsoft Office と互換性のある他社製のソフトもあります。

また無料のオフィスソフトも、 LibreOffice などがあります。
 (Raspberry Pi では LibreOffice が初期状態から利用可能です)

コストパフォーマンスを重視したオフィスソフトを使う選択肢もあります。

オフィスソフトは必要か GoogleDocsQuickCreateを設定

 Google のサービスでもオフィスソフトが利用できます。

オンラインでの利用がメインになってきますが、メリットもあります。
(オフラインでの利用も可能ですが、設定が必要)

作成したファイルは、クラウド上で自動的に保存されるので、保管の不安が少なくなります。

ブラウザからオフィスソフトにアクセスできる環境は、グーグルの拡張機能の設定で行えます。

「GoogleDocsQuickCreate」を設定しておくと、ブラウザからアクセスできます。

代替手段として確保しておいて、無駄になりません。

 

蛇足
この記事の下書きも、 Google ドキュメントで音声入力したものです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画