WordPressのCTAに複数のボタンを設置する! プラグインMaxButtonsを利用する!

他所よそからみると大して気に留めないことも、
当事者はもやもやしていることがあります。

CTAにボタン パッとしないCall To Action

ビジネス系のブログは、

  • 情報提供
  • 自己PR

といった役割をもっています。

ブログから仕事への依頼につなげる導線が欠かせない
ともいえます。

私のブログでも記事末尾に「CTA(Call To Action)」を
表示しています。

何も表示がないよりはマシといえますが、パッとしない表示です(笑)。

もっとポチりやすい状況を作るために、

  • ボタン
  • 複数個

といった構成が欲しいところです。

私の使っているWordPressのテーマ「Lightning」では、
セットで「ExUnit」を導入していることがよくあります。
 (正式にはプラグイン「VK All in One Expansion Unit」)

CTAもExUnitの機能として提供されています。

下記のようにHTMLでの編集も可能です。

CTAの編集が可能とはいえ、

  • 設定の工数が負担
  • CSSの設定も必要

とノンプログラマーにとって重篤な問題があります。

CTAにボタン プラグインMaxButtonsを利用

WordPressのボタン設置には

  • プラグイン「MaxButtons

による解決がおすすめです。

まず、MaxButtonをインストールして有効化します。

ボタンを「Add New」より作成していきます。

始めに「Basic」よりボタンの一般設定を行います。

「Preview」で確認しながらボタンを作成できます。

「Use rel=”nofollow”」にチェックを入れておくと、
ボタンがウェブで検索されずに済みます。

色も変更が可能です。

「Power Toys」の「Color Picker」などを使って、
サイト上のカラーコードを調べておくと役立ちます。
 (画像からテキストを抽出する! Power ToysとText Extractor)

次に「Border(縁取り)」の設定に進みます。

背景などの変更も可能です。

設定が一通り済ませたら、「SAVE」で処理を完了させます。

処理が完了すると、ボタンを埋め込むための「ショートコード」が
自動的に作成されます。

ショートコードはコピーして利用します。

ボタンを設置したい場所にショートコードを貼り付けると、
ボタンが設置されます。

実際の表示は以下の通りです。
 (本記事を末尾まで読んでいただければ、現物を確認できます)

CTAにボタン MaxButtonsのメリット

サイトにボタン設置をしようとするとややこしそうな印象ですが、
MaxButtonsを使うと負担がグッと軽くなります。

ブログでもサイト・ホームページでも自前で運営するメリットは、

  • 内容や構成
  • 更新頻度

といった管理運営の柔軟さにあります。

反面、自前で管理運営することで、

  • 知識や経験の不足
  • 更新の停滞

といった問題を抱えることにもなります。

WordPressのCTAに複数のボタンを設置するといった運営も
些細ささいなようで負担になります。

MaxButtonsはとりあえず一度作ってしまえば、

  • 設定の変更 → 更新で変更可能
  • コピー → 他のボタンの作成が可能

といった効率面でもプラスになります。

CTAに工夫の余地を感じている方の参考になれば幸いです。

 

蛇足
MaxButtonsはインストールすると、エディターからも利用できます。

作成済みのボタンが選択できます。

ご依頼はこちらから

今週のスタエフ

 

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画