赤字を早めに知っておく理由とは? 建て直し・損失繰越・住民税非課税

転んでもタダでは起き上がりません。
寝技から再スタート(笑)!

赤字お早めに 影響は所得税と住民税

誰もが知っている経営成績の分かれ目が

  • 黒字
  • 赤字

です。

経営や会計・経理・簿記を知らなくても

  • 黒字がプラス
  • 赤字がマイナス

と常識として知られています。

経営成績のプラスとマイナスを左右するのは

  • 収入
  • 経費

の差額です。

その差額が損益です。

  • 収入 - 経費 = 損益

事業活動の損益が

  • プラス → 黒字
  • マイナス → 赤字

という図式です。

さらに、損益は所得税や住民税の計算上「所得」
ととらえておきます。

所得税も住民税も、

  • 所得 × 税率 = 税額

という仕組みです。

所得のもととなる損益が赤字、マイナスならば
税額は発生しないことになります。

赤字お早めに 住民税非課税世帯とは?

経営状態が赤字であれば税負担は生じません。

一見すると、確定申告の手続きが無駄に思えます。

しかし、確定申告で青色申告を利用していると

  • 損失の繰越控除

という特典があります。

翌年以降で黒字になった場合に、前年以前の赤字で
税負担を相殺できます。
(赤字がみえるなら来年の計画に盛り込む 損失を繰越控除で利用)

上記が関連するのは所得税です。

所得税の確定申告は住民税にも関連します。

所得がマイナスの場合、住民税も発生しないことになります。

住民税は市区町村が管理している税金です。

所得税にはない「住民税非課税世帯」という仕組みがあります。

自分が住んでいる自治体の名称と住民税で検索すると、
住民税の計算の仕組みが紹介されています。

世帯全体で住民税の負担が無い場合「住民税非課税世帯」
となります。

住民税非課税世帯では税負担だけではなく、
生活にかかわる負担の軽減措置が取られています。

  • 国民保険料の軽減
  • 介護保険料の軽減
  • 高額療養費の軽減
  • その他:健康診断の免除など

確定申告というと所得税や消費税の負担に集中しがちですが、
住民税や生活費の負担とも関連しています。

赤字お早めに 経営も生活も建て直す!

大企業の億や兆といった規模の赤字の金額をみていると
感覚が麻痺します。

フリーランス・個人事業主にとっての赤字は
抽象的ではありません。

経営の建て直し、資金繰りを早く見直して
手を打つ必要があります。

確定申告、所得税では青色損失の繰越控除が役に立ちます。

生活では住民税非課税世帯であることが負担の軽減につながる
可能性もあります。

赤字という現実は辛いのですが、早めに向き合っておくことで
経営でも心理面でもプラスにつながります。

 

蛇足
租税教室で登壇したときに小学生6年生から

  • 税務署と税務課の違いとは?

と問われて驚いたことがあります(笑)。
シンプルに答えると課税管轄の違いです。

  • 税務署-国税-所得税
  • 税務課-地方税-住民税
<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン