金銭感覚が働かないと不安になります 料金と要望のバランスで解消!

ぼんやりした不安は視点をちょっと変えると
不安の正体がわかります。


さわし柿

金銭感覚 大人でもピンとこない葬式代

2021年(令和3年)11月、コロナ禍は沈静化しています。

石川県での感染者はゼロ人という日もみられます。

先日、実家の町内会で清掃活動と慰労会がありました。

集まった方の一人(90歳)が先月奥様を亡くされ、
葬儀のことも話題になりました。

その方がざっくばらんな性格でもあり、
葬儀費用や香典の金額を明らかにされました。

集まっていたメンバーの年齢構成は以下の通りです。

  • 90代 1人
  • 60代 3人
  • 50代 1人
  • 40代 3人

世間一般では充分大人という面子です。
(44歳の私が最年少(笑))

それでも、葬儀費用や香典の金額を当事者から聞くと
新鮮な印象がありました。

金銭感覚 お金の不安と知識

お金の不安の原因を分けてみると、

  • 支払うお金が手元に無い
  • 収入が予想に反して少ない
  • 突発的な出費があった
  • 誰かが横領している
  • いくらかかるかわからない

といったことがあげられます。

冒頭であげた葬式関連のお金の話題が新鮮に感じられたのは、
葬式とお金の関わりでの金銭感覚が働かなかったからです。

知識や経験、情報が積み重なったり更新されていけば
そうした不安や驚きは解消されます。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど普段利用しているお店では
お金がいくらかかるかといった不安を感じません。

また、ネット通販での買い物でも値段が明示されているので
支障を感じることがありません。

見方を変えると、いくらかかるかわからないというお金の不安は、

  • 非日常的な支出
  • 値段や料金が明示されていない
  • 比較できる情報を知らない
  • 出費対象とこれまで接点がなかった

といった問題と向きあうことでもあります。

金銭感覚 要望を整理してみる

税理士のサービスも料金がピンとこない対象かもしれません。

税理士や会計事務所ごとにサービスや料金体系が異なるので、

  • 料金
  • サービス対象

といった情報収集が欠かせません。

幸い現在ではホームページなどのサイトを確認すれば、
不安を減らすことができます。

そうした情報収集の際には、依頼するときの要望を整理すること
もおすすめです。

一切合財年一でよろしく!、はスカッとした依頼かもしれません。

ただし、依頼の内容と請求料金、成果のバランスがギクシャク
といった可能性もあります(笑)。

 

蛇足
石川県では金沢やその周辺地域で家族葬に対応した
コンパクトな葬祭会館が増えています。
お寺や大型の葬祭会館の利用という選択肢もあるので、
情報収集の対象が広がっています。

蛇足2
事務所ホームページの更新を検討中です。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画