WordPressサイト改善にプラグイン
EWWW Image Optimizer!
画像を管理する

デジタルデータは良くも悪くも「無重量」感があります。

鈍感さもデジタルでフォローしていきます。

サイト改善 自信や経験の不足の結果

自信や経験の裏付けがある場合、不本位な結果に対しては

  • こんなはずじゃない!
  • 何かおかしい!

といった反応が起こります。

一方、なんとかかんとかやっている場合、

  • こんなもんかな?
  • 仕方ないかな?

とパッとしない反応で終わります。

たとえば、サイトの表示スピード。

ブログサイトがなんとか運営できていることが目的だと、
表示スピードが遅いことに鈍感になります。

とはいえ、そうした状況を数字や見える化されると
見て見ぬふりはできません。
 (情報発信はアクセシビリティでみられている!)

冴えない状況にはそれなりの理由があるはずです。

ブログは基本的にテキストと画像で構成されます。

サイトのパフォーマンス改善には画像の管理が課題になる
ということがわかります。

サイト改善 プラグインEWWW Image Optimizer

WordPressでの画像ファイルは下記のように扱う設定をしています。

さらにサイト運営当初より画像管理に有効なプラグインである
EWWW Image Optimizer」をインストールしていました。

残念だったのは、私がろくな設定をしていなかったことです(笑)。

プラグインの「推奨事項」から確認します。

下記が改善項目となりそうです。

  • 画像サイズの上限を設定
  • 遅延読み込みを有効化
  • WebP変換を有効化

あらためて設定を見直しました。

「Enable Ludicrous Mode」より詳細な設定のタブを展開できます。

「基本」タブより下記の項目の設定をしていきます。

  • メタデータを削除
  • 画像のリサイズ
  • 遅延読み込み

「リサイズ」タブでも設定を加えます。

上記の設定で余分なデータや出力するデータの制限を設定して、
表示する際の負荷を減らします。

なお設定の変更後は画面左下の「変更を保存」を要クリックです。

さらに「WebP変換を有効化」の設定を行います。

WebPはGoogle推奨の画像フォーマットです。

上記で示されてるコードをサーバー側の「.htaccess」に追加します。

私が利用している「wpX」では下記の「編集」より「.htaccess」にアクセスします。

「.htaccess」の編集が可能です。

EWWW Image Optimizerで示されてコピーしたコードを

  • 「.htaccess」の冒頭に貼り付けて

保存します。

上記の設定が完了すると、新規の画像はWebPで扱われます。

既存の画像ファイルはWordPress上で、

  • 「メディア」→「一括最適化」

より画像の最適化ができます。

「WebPのみ」で4,500以上の画像データを最適化しました。

所要約2時間の成果が以下の通りです。

数値以上の改善という印象です(自画自賛w)。

サイト改善 「とりあえず」は見直しセットで!

できるかどうか不安なことができるとホッとします。

「とりあえず、これで良し…」となります。

悪くはない状況ですが、

  • 「とりあえず」→「当分の間」→恒久化

とどこかでみかけたことのある状況に陥ります(笑)。
 (「当分の間 法律」で検索してみてください)

仮のゴールや中間目標が無い試行錯誤は疲弊します。

その一方で、

  • 「とりあえず」の成果は見直しをセットにする!

といった発想が有効になりそうです。

フォローやリカバリーでも試行錯誤が続きます。

 

蛇足
知らないことや気づかないことがもどかしいのは、
検索ができないことです。
悩みごとを切り分けて、適切な検索ができることも
スキルアップかもしれません。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金