情報発信やコミュニケーションは大切だけど制限・コントロールも欠かせません!

混乱やトラブルが外部からくるとは限りません。
自らの選択もトラブル要因になります。


未熟な柿。それでも利用の可能性あり。

発信とコントロール 発信は必須

独立して仕事をしているなら欠かせないのは情報発信です。

いくら名刺を配っても、受け取った側にとっては
数十枚・数百枚の一つでしかありません。

ホームページであれブログであれ、その他の SNS であれ
自ら発信・更新できるメディアはオリジナリティがあります。
(情報発信で誤解やミスマッチを予防する! 当事者本人の発信が最優先!)

幸い、現在は比較的手軽に安価に発信ができます。

  • ホームページ・ウェブサイト
  • ブログ
  • メルマガ
  • Kindle 出版
  • 音声配信
  • 動画配信
  • オンラインサロン etc

また、コミュニケーションツールも揃っています。

  • メール
  • ZOOMなどのオンラインミーティング
  • チャット
  • 郵便
  • 電話
  • FAX

情報の発信もコミュニケーションツールが揃っていますが、
私は全てを利用する必要はないと考えています。

発信とコントロール 制限の理由

情報の発信やコミュニケーションのツールは、

  • フォローを確実にする
  • 効率性を上げる

という理由から制限しています。

大組織で分業が行き届いているのであれば、
間口は広くとれます。

ひとり・小規模での運営をしているのであれば、
選択に迫られるはずです。

継続できない・ムラがある発信やコミュニケーション手段や
効率性で足を引っ張られる選択はしないことになります。

私は情報発信ではブログに注力しています。

現状の更新頻度(毎日更新)や他の仕事のバランスを考えると、
その他のメディアでの発信は保留です。

コミュニケーション手段では全く使っていないものもあります。

たとえば、FAX。

  • 場所をとる
  • 紙とインクの補充が必要
  • データとしての利用に支障
  • ペーパーレス化を停滞させる

マイナス面が目立ちすぎます。

電話の利用は仕事の最中に割込みを認めるので
効率性ではマイナスの選択です。

とはいえ、残念なことに税理士という職業柄、
税務署とのやりとりもあります。

メールやZOOMの使用に制約がある税務署とのやりとりは
電話でのコミュニケーションをとらざるをえません。

発信とコントロール 被害と不利益を予防する

コミュニケーションツールの選択は、

  • 利用による効率性
  • 利用しないことの不利益
  • 利用できない状況でのトラブル

といったことを検討した方が良さそうです。

大手の通信会社による通信障害が発生する可能性は
今後もあります。
(2022年(令和4年)7月KDDIによる大規模な接続障害発生)

電話に依存した仕事の進め方をしていた場合、
通信障害は被害や不利益につながります。

電話以外のツールでも通信障害によるトラブルは起こりますが、
電話のように随時・即時・都度といった特徴が強くなければ、
トラブルは限定的になります。

情報発信もコミュニケーションも仕事上欠かせません。

一方で、外部の要因でトラブルは発生します。

被害や不利益を予防したり、最小化できる選択がおすすめです。

 

蛇足
柿は食べる果物の印象が強いのですが、
青柿からは工芸品で使われる柿渋や
葉は柿の葉寿司にも利用されます。
蛇足の蛇足ですが、黒柿は建材にもなります。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画