所得税のN分N乗を直感的に理解する!
本当にお得な制度か?

ことばは「独り歩き」します。

保護もされないので、放浪と誤解を撒いていきそうです。

N分N乗 個人だけどひとりじゃない!?

本音と建前という表現を実感する局面があります。

たとえば、所得税。

「申告納税」が建前ですが、

  • 源泉徴収
  • 年末調整

といった仕組みで「天引き&丸投げ」が実態です。

また、所得税は「個人」の所得を対象にしています。

収入や所得では「個人」に焦点が当てられています。

一方、所得控除では、

  • 医療費控除
  • 配偶者控除
  • 扶養控除
  • ひとり親控除

と家族や世帯に関連しています。

見方を変えると、所得税の仕組みは、

  • 家族や世帯の在り方
  • 社会保障政策

といった事情とも近い税制といえます。

所得税の仕組みで「N分N乗」が話題になる理由でもあります。

N分N乗 山林所得で直感的に理解

「N分N乗」は見慣れない用語です。

「分」は「わり算」、「乗」は「かけ算」を意味します。

所得税の仕組みでの「N分N乗」とは、

  • 「所得」を特定の数(N)でわり算をして、
  • その結果に税率をかけ算をして、
  • 最期に特定の数(N)をかけ算する

といった仕組みで税額を計算します。

ピンとこないかもしれません。

仮に「1分1乗」であれば通常の所得税の計算です。

「N分N乗」はフランスで採用されてる仕組みとして知られています。

日本では、「山林所得」で「5分5乗」方式が使われています。

山林所得での税負担額は以下の式で計算できます。

  • (課税山林所得×1/5×税率)×5=山林所得の税負担額

かけ算のルール通りであれば、変な式です。

  • 1/5×5=1?

「N分N乗」の式での税率は「累進税率」があることが前提です。

法人税は税率が「比例税率」と一本化されていますが、
所得税は「累進税率」と所得ごとに税率が上がります。
 (中小企業云々ウンヌン、「超過」累進税率云々は割愛)

上記の山林所得の税負担額の式を左から計算すると、

  • 課税山林所得×1/5

段階で適用税率が決定されます。

山林所得とそれ以外の所得の速算表を比べていみると
5分5乗の計算効果が直感的にわかります。

速算表 (左)山林所得 (右)それ以外の所得

上記2つの速算表を比べてみると、

  • 「税率」の数値や区分数は同じ

という一方で

  • 「課税される所得金額」
  • 「控除額」

が5:1となっています。

所得税の「N分N乗」の一例といえます。

N分N乗 問題を総覧できる申告書

山林所得で5分5乗による方式が採用された背景には、
所得獲得までに時間を要するためと言われます。

事業の性質と税負担を考慮した事情があるようです。

「N分N乗」を所得税に広く適用する仕組みの導入も
今後考えられます。

所得税は計算対象を「個人」としつつも、
家族や世帯とも関連しています。

言い換えれば、税負担だけでなく、

  • 社会保険料負担
  • ライフプラン
  • 医療費負担
  • 年金負担 etc.

と関連する検討対象があります。

「N分N乗」の検討や導入の影響は確定申告書に表れます。

確定申告書の第1表の様式に見慣れておくと、
「N分N乗」の影響がイメージしやすくなります。

 

蛇足
所得税での「N分N乗」は財政学や社会保障制度で
とりあげられることの多いテーマです。
税法に加えて論点が加わります。
甲論乙駁こうろんおっぱくにぎやかになりそうですね。
シミュレーションが複雑化しそうです(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金