Google ドライブはおまけじゃなく仕事のスタートになります

誤解を解いて使い倒しましょう。

おまけじゃない ストレージだけじゃない

Google が提供しているサービスは便利で、無料ということもあり
毎日気軽に使っています。

パソコンでもスマホでもストレスなく使えることもメリットです。

しかし、気軽に使えるからこそ、誤解が解けにくいこともあります。

Google ドライブをストレージサービスとしてとらえられていることも
そうした誤解の一つです。

ことばを補っていえば、Google ドライブは単なるストレージではなく、
・Google のアプリやサービスを連携して
ファイルやデータを共有するための
・クラウドストレージ
ということになります。

クラウドストレージといってもDropbox やEvernote との違いは
アプリやサービスの連携と共有にかかっています。

おまけじゃない 処理の起点になる

Google ドライブはデータの作成や処理の起点になります。

処理の結果のデータだけを保管しているのではありません。

Google ドライブの画面を確認します。
そっけない表示ですが「新規」が重要です。

「新規」をクリックすると、Google ドライブが何のためのサービスか
一望することができます。

Google が提供している各種のアプリやサービスにアクセスできます。

また、押さえておきたいところはGoogle ドライブはローカルのストレージも
つなげる役割があるということです。

ファイルやフォルダのアップロードがストレスなく実行できます。

Google ドライブを利用することで、ローカルの機器に関係なく
データやファイルが利用できるわけです。

おまけじゃない 連携と共有こそ魅力

Google ドライブを利用することが便利に感じられるのは、
Google のアプリの連携があります。

たとえば、ファイルを作成中にカレンダーからスケジュールを入れて、
ビデオ会議の設定が可能です。

上記の「打ち合わせ」をクリックすると、下記のような設定ができます。

Google アプリを利用して魅力を感じるのは、Google ドライブというストレージが
サービスの背景にあるので、データの共有ができることです。

また、共有をするときも権限を分けることが設定できます。
・資料やデータを確認するだけなら「閲覧者」
・データやファイルを変更させたくはないがコメントを許可するなら「閲覧者(コメント可)」
・データやファイルの編集権を与えるならば「編集者」

紙書類を扱っている場合、デジタルのデータであっても共有を前提にしていない状況とは
異なる仕事の環境をGoogle ドライブによって実現できるといえます。

Google アカウントのおまけのストレージサービスというのでは
少々どころではない残念な誤解です。

 

蛇足
冒頭の写真の植物は「なすび」と長年呼んでいます。
地域によっては「なす」の呼び方がメジャーな場合も
あるようですね。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン