Gmailで削除してないのにメールやメルマガが行方不明!? アーカイブに格納では?

失敗は記録して、共有しましょう(笑)。


秋きゅうり

Gmailアーカイブ メルマガは魅力的なメディア

士業を続けるなら情報収集は欠かせません。

  • 国税庁などの官公庁サイト
  • 専門誌
  • ブログ
  • YouTube
  • 音声配信(stand.fm)
  • SNS

などなど情報過多かもしれません(笑)。

デジタルメディアだけど成熟しているメディアではブログが
目立ちます。

ブログはアクセスの敷居が低い点が魅力です。

一方、ブログのようにデジタルでテキストのメディアだけど、
ちょっと読者を限定しているメディアもあります。

メルマガ(メールマガジン)です。

個人で発信をされている方もいれば、官公庁から発信されている
メルマガもあります。

たとえば、国税庁メールマガジンがあります。
(「国税庁メルマガ」で検索すると下記にアクセスできます)

メールに送られてくるメルマガは自分の興味や関心で選択できる
魅力があります。
(だからこそ勝手にメルマガ登録されたりすると不愉快になります)

発信する側も特定の読者にだけを対象とするので、踏み込んだ発信を
されています。

Gmailアーカイブ 見失ったメールはどこへ?

先日、とあるメルマガに登録して楽しみにしていたのですが、
なぜか届いていない(受信トレイが空っぽ)・・・?

無料メルマガではありましたが、発信者からハブられたか!?
とあれこれ考えをめぐらしました(笑)。

Gmailでは削除してないメールがいつの間にか消えることはありません。
(「ゴミ箱」に移した場合には30日で消去となります)

まず、慌てずに「アーカイブ」で探すことがおすすめです。

Gmail画面では「すべてのメール」です。

Gmailアカウントでのメールすべてがみられるので、行方不明のメールも
探せるはずです。

アーカイブしたメールは下記のように検索可能です。

「-in:spam -in:trash -is:sent -in:drafts -in:inbox」

おまじないと思って入力・コピペで利用可能です。

上記のおまじないは、

  • in:spam(迷惑メール)
  • in:trash(ゴミ箱)
  • is:sent(送信済み)
  • in:draft(下書き)
  • in:inbox(受信トレイ)

に排除を意味する「-(ハイフン)」を付加して検索しています。

Gmailアーカイブ 自動振り分けも利用

Gmailは検索性能が優れています。

アーカイブを検索すれば目当てのメールがみられます。

とはいえ、メルマガのように定期的に受信するメールは
自動振り分けを設定しておく方がすっきりします。

振り分け先のラベルを「新しいラベルを作成」より作成します。

次に自動振り分けしたいメールやメルマガより「メールの自動振り分け設定」をします。

「フィルターを作成」を選択します。

あらかじめ設定したラベルに自動で振り分けられるよう設定します。

ちょっとした設定ですが、メールやメルマガの確認の効率化につながりますし、
未読によるトラブルや残念な状態を回避できます。

 

蛇足
行方不明のメルマガはアーカイブで発見。
ハブられていませんでした(笑)。
ちょっとした操作ミスでアーカイブに格納されていたようです。
見失わないように振り分けを行いました。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン