受験での合法的なパワーアップ

なんとかしたい、どうしてもって時ありますよね。

1受験 平時ではありません
2受験 その時だけでも
3受験 合法的ならやっておく

受験 平時ではありません

私もこれまで高校・大学・資格試験などいろいろな受験を重ねてきました。
戦績はともかく(笑)、歴戦という点では疑いようもありません。

自分から志願して受験していたわけですが、楽をして成果がでた記憶がありません。
毎度毎度苦戦していたことばかりです。

受験では平時ではありえない問い・時間の制約・単独での遂行とプレッシャーの連続です。
普段通りの実力では、目標の達成に届かないのです。

受験前の事前の準備(勉強)は不可欠ですが、それだけで充分かと不安にもなります。

受験 その時だけでも

受験勉強や神頼み以外の対策も立てておきたいところです。

私は睡眠と食で調整しました。

負担の大きい試験が夏だったので、寝具に冷却効果のあるシーツなどを使いました。
エアコンも使いましたが、夏のエアコンの使いすぎはかえって体調が不安定になるので過剰な使用に注意しました。
(受験が冬なら温熱効果のある寝具と読み替えればよいでしょう)

睡眠は中長期の体調管理では必須の管理の対象です。

問題は受験当日の体調です。
もっと踏み込んで表現すれば、試験時間だけでもパワーアップしたいという欲求です。

私は試験時間のその時だけでもパワーアップできればと、カフェインと糖分の摂取を重視しました。

単純ですが、自分でもコントロールが容易ですし、合法的で、間食に罪悪感を感じずに済みます(笑)。

カフェインでは、コーヒーかカフェインの錠剤かという選択肢があります(お茶は即効性の点でスルー)。
カフェインの錠剤というといかがわしいのですが、ドラックストアや薬局の乗り物酔いの薬のコーナーで入手できます。
(「カフェロップ」などが眠気防止用であります)
エナジードリンクも同様です。
私も当初はこうした錠剤などを受験前に使用してみましたが、過剰なカフェインで体調が悪くなり、結局コーヒーに切り替えました。
コーヒーを飲む量と時間を自分なりに調整していました。
受験直前の摂取ということで缶コーヒーを使いましたが、UCCが私の好みに合いました。

次に当分の摂取ですが、カフェインと同様に即効性が必要で、かつ胃にもたれないことが重要です。
選択肢としてはチョコレート・シュークリーム・まんじゅう(あんこ)などです。
受験直前にコンビニなどで入手できるものがおすすめです。
私はシュークリームを選択しました。
(「ハチワンダイバー」の影響です)

受験 合法的ならやっておく

カフェインや糖分の摂取は、一時的な小手先のパワーアップです。

普段の勉強で積上げられる価値とは比べられるものではありません。

しかし、些末で小手先の手段であっても、どうしても成果を出したいのならば、合法的なかぎりはやってみる価値はあります。

ここまでやっているということで、心理的なプレッシャーも少しは軽くなります。

 

蛇足
冬の受験では風邪にも要注意です。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン

前の記事

除雪 道具と

次の記事

お金のやりとり 使い分け