Go to キャンペーン 支援の仕組みを知っておく

旅行会社の企画にも期待したいところです。

2020年(令和2年)7月22日追記
東京を中心にコロナ感染が拡大しており、Go to トラベル実施に以下の制限がつきました。
コロナ感染の状況次第では、今後の再変更もありえます。

Go to トラベル 2段階で実施

コロナ対策の一環として始まるGo to トラベルの詳細が示されました。 → こちら

重要な点は以下の通りです。
 ・対象金額:旅行代金の1/2を対象に、一人一泊2万円が上限、
 ・対象期間:2020年(令和2年)7月22日~2021年(令和3年)春ごろ
 ・対象外のサービス:後述

支援が2万円以下の半額ということなのですが、この支援には特有の仕組みがあります。
支援額が、旅行代金割引と地域共通クーポンに分かれていることです。
・旅行代金割引=旅行代金(最大2万円)×1/2(0.5)×7割(0.7) → 代金の35%が支援=65%のみ支払
・地域共通クーポン=旅行代金(最大2万円)×1/2(0.5)×3割(0.3) → 代金の15%分のクーポン

地域共通クーポンは、本格実施が9月1日以降発表なので、当初は旅行代金割引での支援のみです。

旅行代金の支援を通じて、コロナ禍で打撃を受けた小売業やサービス業を支援するという趣旨です。

Go to トラベル 支出は旅行代金の65%

旅行代金の「支出」に対する支援は、旅行代金に限定されています。
支援を利用することで、財布から出ていくお金は旅行代金の65%のみということになります。

見方を変えると、このキャンペーンを利用するということで、旅行代金の15%のクーポンが入手できるということになります。

ただし、支援の利用対象外を知らずに計画していては、がっかり感が生じます。

個人手配の交通費は割引対象外となっています。
とはいえ、住んでいる都道府県内での支援の利用ならば、損をしたという感覚にもならないかもしれません。
(国内旅行が対象であって、住んでいる所の近所が不可とはされていません(笑))

Go to トラベル  クーポンの利用は今後に期待

クーポンの利用にも制限があります。
まず、
該当しない購入対象があります。

次にクーポンを利用できる対象期間と地域です。
旅行期間中のみに限定されています。
利用対象地域は、旅行先の都道府県+隣接都道府県です。

また、お釣りを受け取ることはできません。

まだ具体的な利用状況が明らかにはなっていませんが、上記以外での利用は可能のようです。
商品やサービスがクーポン購入対象なので、お土産だけにとどまらない利用が期待できます。

政府がクーポン加盟店を募集中ということなので、今後の発表も確認しておきたいところです。
(説明会は政府の事務局や、各運輸局で今後開催予定です)

コロナ感染が収束したと言い切れる状況ではありません(2020年7月13日現在)。

とはいえ、Go to トラベルは魅力的な施策です。
旅行を計画してみることでも、気分転換になります。

 

蛇足
コロナ感染の拡大次第では、数か月後の計画は立てにくいかもしれません。
希望する計画は、複数作っておく方が無難です。
こちらも参考に、コロナウイルス対策で地元がわかる(石川県民限定です)
Go To トラベルとの併用は、観光庁側は各自治体での取り決め可能という見解です。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン