ウェブの表は打たずにコピーする Table Captureでデータ化する!

楽ばかりしている?、その通りです(笑)。
処理が目的ではありませんので。


ソメイヨシノ(2022年令和4年4月2日 石川県)

打たずにコピー デジタルでもデータじゃない!?

手書きや紙の資料よりパソコンで作成されたデータの方が
利活用で優れています。

効率性の観点からは、

  • デジタル > アナログ

は否定されません。

うっかり誤解しがちなのは、

  • ウェブ上でみている対象 → どれもこれもデジタルのデータ

という思い込みです。

ことばを整理すると、デジタルで表現される対象は、

  • Digitization(デジタイゼイション)
  • Digitalization(デジタライゼイション)

に分かれます。

デジタイゼイションは紙をPDFや画像にするように、
アナログデータのデジタル形式への置き換えです。

紙資料の保管や検索では効果的です。

反面、データを利活用する面では閲覧に留まります。

データをデータとして利用するデジタライゼイションが
効率性の真打になります。

打たずにコピー 拡張機能Table Capture

抽象的な話が続きましたが、今回紹介するのは、

  • ウェブ上の表をサクッとコピーする

というわかりやすい処理です(笑)。

情報をわかりやすく伝えるために「表(tableテープル)」が
よく使われます。

スクリーンショットとしての画像データでも参照できますが、
利活用には不向きです。

サイト上の表をデジタルデータとしてコピーするために
Google Chrome の拡張機能「Table Capture」を使います。

拡張機能を追加すると、

  • ウェブ上の表を選択 → 右クリック

だけでデジタルデータ化できます。

たとえば、所得税の税率表(国税庁)。

上記のように表を選択して、右クリックで下記の操作に移れます。

私は無料版を利用しているので、直接エクセルにはコピーできません(笑)。

とはいえ、ご安心ください。

  • クリップボードにコピー → エクセルに貼り付け
  • Google スプレッドシートにコピー

といった選択肢があります。

ウェブ上の表を目視で確認しつつ入力することでの
時間のロスや入力ミスを防げます。

打たずにコピー テープルは見世物じゃない!?

「表」というとわかりやすい可視化の表現といった印象です。

わかりやすい点では好印象ですが、物足りません。

「表」をデジタルでの「テーブル」ととらえると、

  • 利活用するデータ

と印象が変わります。

データの利用で出番の多いVLOOKUP関数では、
テーブルのデータを参照することがよくあります。

「表」を見る・見せるためだけのデジタイゼイションと
「テーブル」のデータとして利用するデジタライゼイション
との違いは、ウェブ上の表をコピーすることで実感できます

 

蛇足
「デジタル」ということばも突っ込むと
曖昧にしていたことがありますね。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画