コロナ禍での中小企業支援は続きます! 「中小企業活性化パッケージNEXT」とは?

支援の継続だけでなく、「NEXT」とバージョンアップしています。


半年で「NEXT」に更新。

活性化NEXT コロナ禍が終わる?

2022年(令和4年)9月、コロナ禍からの脱却が期待されつつあります。

コロナ禍は依然続いていますが、お祭りやイベントが再開されつつあります。

「3年ぶりに○○が開催…」といった報道が目立ちます。

コロナ禍や物価上昇でパッとしない雰囲気なので、
経済活動の上向きに期待がかかります。

一方で、不安になるのは中小企業の経営状態です。

コロナ禍対策での融資での返済が本格化しつつある状況では、
前途に不安があります。

経済産業省を中心とした「中小企業活性化パッケージNEXT」は
今後の不安を克服するために期待がかかります。

活性化NEXT バージョンアップ内容

「中小企業活性化パッケージNEXT(以下NEXT)」は3月に公表されていた
「中小企業活性化パッケージ(以下旧パッケージ)」を発展させた政策です。

3月に公表された「旧パッケージ」では、

  • 資金繰り支援
  • 収益力改善・事業再生・再チャレンジ支援

といった重点が示されていました。

「NEXT」では上記の継続だけでなく、強化が示されました。

「NEXT」での柱は以下の2点です。

  1. 経済環境の変化を踏まえた資金繰り支援の拡充
  2. 中小企業の収益力改善・事業再生・再チャレンジの総合的支援

まず、資金繰り支援の拡充。

支援の対象は現状と将来に向けられています。

新規の制度を創設したわけではなく、既存の制度を延長するないようです。

留意したい点は、支援ごとに異なる締切期限が示されていることです。

2つ目の「総合的支援」は以下の内容です。

支援を3つのフェーズ段階・局面に分類しています。

  • 収益力改善
  • 事業再生
  • 再チャレンジ

3つのフェーズの枠組みは「旧パッケージ」から継続されています。

「中小企業活性化協議会」を通じて中央だけでなく地方機関との連携を強化する
ということが「NEXT」で強調されています。

活性化NEXT コロナ禍が続いている

「NEXT」の概要を眺めてみると、「旧パッケージ」との大きな相違はない
といった印象がありそうです。

世間の雰囲気や期待とは別にして、「NEXT」で示されている内容からは
依然としてコロナ禍が続いていることが読みとれます。

とはいえ、資金支援に注力されていた2020年のコロナ禍初期ではなく、
「ポストコロナ」を見据えたコロナ禍での支援が対象に含まれています。

「中小企業活性化パッケージNEXT」を利用するためには、
現在と将来の経営動向を盛り込む必要があります。

施策の継続や更新、強化といった変動はありますが、
経営での経理や管理の重要性は変わりません。

 

蛇足
「パッケージ」・「NEXT」・「フェーズ」etc.
「やさしい日本語」版での告知も必要ですね。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン