帳簿作成と家計簿管理を確定申告でつなげる!

本当に必要なデータにフォーカス。

家計簿と確定申告 後ろめたい季節商品

季節の移り変わりとセットになるのは季節性商品です。

冬や年末に近づくと、書店に並ぶのが

  • 年賀状作成雑誌
  • 日記帳
  • 手帳
  • 家計簿

といった商品です。

11月になると商品が出揃います。

定番の季節性商品ですが、歓迎されているかは
ビミョーです。

年賀状作成雑誌以外の日記帳や手帳や家計簿は、
通年での継続利用が前提です。

これらの商品には後ろめたさを連想させる要素があります(笑)。

継続利用が前提であることの裏返しの挫折です。

毎年のごとく挫折感を味わう方も多いかもしれません。

ちょっと見方を変えれば、余分な挫折感をすっきり片付けられます。

家計簿と確定申告 データの着地点

紙の家計簿を使う場合でも、アプリや表計算ソフトを使う場合でも
継続性や挫折率は大差ありません。

家計簿の作成が継続できたり挫折したりする理由は、
自分の目的やゴールをはっきりしているかにかかっています。

データを収集して眺めることが好きという方の場合、
家計簿作成の挫折率は低いはずです。

むしろ、データが集まることに喜びを感じるかもしれません。

一般に家計簿が続かないのは、ゴールや目的がピンボケしているからです。

家計簿の作成理由は義務ではなく、自主的なものです。

誰かに報告する必要はありません。

言い換えると、強制力のないデータの収集と集計です。

挫折率が高いのは当然といえます。

とはいえ、自分の使うお金の行き先を軽んじていいわけではありません。

そういうわけで家計簿のとらえ方を180°転換して、
報告義務があるからこそデータを集めると考えます。

個人・お金・報告義務との接点は確定申告になります。

事業所得では収入や経費といったビジネスと関連するデータが中心です。

個人のビジネスならば関連する確定申告では、

  • 家事按分
  • 所得控除

といったデータも関連します。

家事按分では、

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 車両関連

が集計の対象になります。

所得控除では、

  • 社会保険料控除
  • 医療費控除
  • 寄付金控除
  • 小規模企業共済等掛金
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除

が関連します。

納税の義務と関連した確定申告を家計簿と関連させると
家計簿作成の挫折率は低くなります。

家計簿と確定申告 マイルールで緩急をつける

家計簿と確定申告を関連させるという提案では、
確定申告関連以外の支出抜け落ちるといえます。

たとえば、食費や交際費。

あるいは、服や日用品の支出。

確定申告と関連しないプライベートな支出だからといっても
管理する理由はあります。

日常の支出を全てきっちり管理するか、完全に放置するかという二者択一よりも

  • 重要なターゲットだけに管理を絞る
  • 一か月に1回チェックや集計をする
  • キャッシュレス決済で履歴をたどれるようにする

といったマイルールで緩急をつける処理も可能です。

報告の必要がない、義務ではない、自分のためだけの記録であれば
市販の家計簿やアプリのルールに従う必然性はありません。

 

蛇足
市販の家計簿は購入者が女性を対象とした表紙ばかりです。
ちょっと残念な印象です。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画