WordPressからGmailへ送信に失敗したときの解決方法

寒い冬でも、トラブルは血圧も体温も急上昇させます(笑)。

送信失敗 血圧上昇(笑)

2000年(令和2年)以降、話題になり続けているテーマの一つに
「免疫」があります。

新型コロナウイルスの感染がなかなか収束しないので、
免疫が気になるのも無理はありません。

「免疫」ということばは日常的には耐性、とくに

  • ストレスに対する耐性
  • トラブルへの対処

といった場面でも表現として使われます。

そうした意味では、私はITトラブルでの免疫が弱い方です。

たとえば、以下のようなトラブル。

ブログや事務所のサイトからメールを送信した後のメッセージです。

血圧も体温も急上昇します(笑)。

送信失敗 Gmail側の設定変更

私はこのブログを投稿しているサイトと事務所のサイトを
運営しています。

どちらのサイトでも

  • WordPressからのメールをGmail へ転送

という設定をしています。

プラグインは「Contact Form 7」と「WP Mail SMTP」を利用しています。

今回のトラブルでは「Contact Form 7」の設定ミスはなさそうでした。

Gmailを経由して受信しているのでGmail側の設定を確認しました。

ウェブ上で私と同じようなトラブルを検索して調べたところ、
セキュリティの設定が必要とわかりました。

以下のように「セキュリティ」→「アプリパスワード」に進みます。

アプリパスワードを設定します。

「アプリを選択」→「名前を入力」では、とりあえず「WordPress」
としておきます。

「生成」よりパスワードが自動的に作られます。

スクリーンショットで保存しつつ、画面上でコピーします。

送信失敗 WordPress側の設定変更

Gmail側の設定が済んだらWordPress の設定変更です。

「WP Mail SMTP」から設定を変更します。

「WP Mail SMTP」→「設定」→「一般」より進みます。

下記のように「SMTPパスワード」を上記のコピーしたものに変更します。

「設定を保存」もお忘れなく。

以上の対応が終了した後で、メールの送信が可能か確認します。

送信失敗 トラブルは記録して発信

WordPress を使っていると、メールが送信できない
といったトラブルはあります。

不幸中の幸いは、WordPress ユーザーは多いので、
ウェブ上での情報から解決できます。

WordPressからのメール送信トラブルといっても
原因や対処方法は様々です。

トラブルの内容や対処方法を記録しておくことは
同じトラブルが起きたときに役立ちます。

また、トラブルの記録や対応方法を整理して発信することで

  • 自分、だけでなく
  • 他のユーザー

にもプラスになります。

「集団免疫」の獲得につながる対応です(笑)。

 

蛇足
なんやかんやありましたが無事解決。
安心してメールをお送りいただけます。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン