県内宿泊応援事業復活! ちょこぽん、ご存知ですか?

平常までの試行錯誤ですね。


ちょこぽん(JAののいち)

県内宿泊応援事業復活! おひとり様1回のみ!

2021年(令和3年)3月は依然コロナ禍です。

地域によっては、コロナウイルス感染者の抑制が経済の足かせになっています。

石川県では、2021年(令和3年)3月19日より県民向け宿泊応援事業が始まります。
2020年(令和2年)の第1弾に次ぐ事業です。
対象期間は、3月19日から4月28日。
割引対象者は石川県内在住の方のみです。

割引額は以下の通りです。
「1人1泊あたり」として割引額が決まります。

注意点は、利用回数が1回のみ。

抽選でプレゼントもあるようです。

県内宿泊応援事業復活! 金閣寺行ったことあらへんの京都人

県内宿泊応援事業はコロナ禍対策の一環です。

日本全体での「GO TOトラベル」がコロナ感染拡大のため停止状態のための
期間と地域を限定した事業です。

コロナ禍以前の北陸新幹線効果やインバウンド効果が期待できないので
その代替措置となります。

とはいえ、いざアフターコロナとなると、
地元に住んでいるはずが、観光客の多さに音を上げて、
観光地も宿泊施設も利用しづらくなるかもしれません。

かつて京都の方と京都観光の話をしていたときに、
「金閣寺行ったことあらへん」と言われて驚いたことがあります。

しかし、上記の京都の方を私と石川県に置き換えると、
確かに行ってないところだらけだな・・・と。

いつでも行ける、身近にあるという見方も鈍感なだけかもしれません。

県内宿泊応援事業復活! Amazon・楽天でも買えない魅力

冒頭の写真は「ちょこぽん」。
JAののいち(野々市市)が製造しています。

お米のポン菓子に椿オイルをブレンドしたクーベルホワイトチョコをかけて、
野々市市のゆるキャラ?「のっティ」が描かれています。
(野々市市の花が椿のため、椿オイルを使用しているようです)
1枚172円(税込)。

ローカルなお菓子です。

販売されているお店も「JA富奥(とみおく)」・「金沢百番街Aガイヤ」・「1の1NONOICHI」と、
ローカル限定です。

地元の方にとっても見過ごしがちなお菓子かもしれません。

とはいえ、Amazonや楽天でさえ買えない、ととらえると、
ローカルさには気づいていない魅力があるはずです。

コロナ禍対策と折り合いをつけつつ、
地元の魅力を見過ごさない機会になるかもしれません。

 

蛇足
ちょこぽんはホワイトチョコレートを使用しています。
ホワイトデーのお返しにも合いますね。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン