経費になるか?、ならないか?でもめない理由とは?

悩みごとを減らすのも効率化ですね。


上品なチョコレート(赤い風車・石川県小松市)

経費になる? 定番の話題?

確定申告の時期になると定番の話題が登場します。

申告をする方であればどんな所得の方でも

  • 医療費控除
  • 電子申告
  • 振替納税

といったテーマを気にされます。

フリーランスや個人事業主の方であれば、

  • 経費になるかどうか

が定番のテーマとしてとりあげられるようです。

「ようです」と表現した理由は、私にとっては
経費になるかどうかは悩むことがないからです。

経費になる? 計上は明白

所得税は、所得×税率で計算されます。

  • 所得税 = 所得 × 税率

前提になる所得は、(収入-経費)による利益となります。

  • 収入 - 経費 = 利益 = 所得

経費の金額が大きければ、利益=所得が小さくなり、
所得税の金額も小さくなります。

お金を支払ったにもかかわらず経費にしない(計上しない)と
余分に税金の負担がかかります。

経費の計上漏れを見逃したくないのも納得です。

しかし、悩むことはありません。

経費の計上基準は明白です。

収入、売上を獲得するために貢献したかどうか、です。

以上(笑)。

経費になる? 個人事業主の経費のグレーゾーンとは?

会社や組織のお金で遊んだり、プライベートな買い物をすれば
経費にならないどころか横領になります。

一方、個人事業主の場合では、

  • 自分の財布 ≒ ビジネスのお金

となりがちです。

言い換えると、プライベートの支払いとビジネスでの支払が
混在しがちです。

銀行の口座やクレジットカードの利用でも
プライベートとビジネス分が混在します。

可能な限り口座やカードの利用を分けておくと
誤解が少なく、処理もすっきりします。

グレーゾーンとなりうる、見解の相違が出るのは、

  • 家事按分

と限定的なはずです。

しかし、見解の相違の出る家事按分であっても

  • プライベートとビジネスを分ける基準の割合
  • 基準の割合の継続適用

といった留意点を抑えればトラブルは予防できます。

経費になる? 問題にすべき時期とは?

確定申告の時期に経費になるかならないかといった問題は
経費性の判断以外でも残念です。

経費になる支払いの時期は、1月1日から12月31日です。

確定申告の時期には、前年分の支払いを後付けで処理します。

前年に支払ったときの

  • 経営状態(黒字・赤字)
  • 資金繰り
  • 必要性

といった背景と支払内容の結びつきが弱まっています。

経費性を主張するためにはタイムリー(適時性)な経理
有効になります。

今年から経理のやり方を変える選択もあります。

 

蛇足
本文は上品に経費計上の考え方をまとめました。
インパクトが薄いかもしれないので、尾籠(びろう)ですが
わかりやすい表現で念を押しておきます。

  • カレーに1%のう〇こを混ぜたら、
  • そのカレーの1%がう〇こになるのではなく、
  • 100%がう〇こになります。

カレーを経費、う〇こを経費対象外(架空やプライベート)と
読み替えていただければ幸いです。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画