おすすめの会計ソフトは何か?、はちょっと残念な質問

リカバリーしましょう。


田植え前

おすすめの会計ソフト 何が残念か?

定番の質問といったものがあります。

会計や経理では、「どの会計ソフトがおすすめか?」もその一つです。

この質問への回答は、最近定型化しています。
・パソコンにインストールするなら弥生会計
・クラウド会計ならfreeeMFクラウド

売れ筋のソフトやサービスが無難な選択ともいえます。

上記の質問のやりとりがちょっと残念なのは、
質問者が会計処理でのソフトの役割を誤解している
可能性があるからです。

会計ソフトの機能は基本的にどのソフトでも共通しています。
・複式簿記での処理
・会計データの入力(取り込み)
・集計
・財務諸表への一定の形式での出力

freeeは複式簿記を意識させないインタフェースですが、
複式簿記以外の特殊な計算構造ではありません。

会計ソフトの見た目の違いというよりも、
経理の運営と会計ソフトの相性をとらえるべきです。

おすすめの会計ソフト 会計ソフトで完結しない仕事環境

会計処理だから会計ソフトだけで済ませるという発想は誤解です。

会計ソフトの処理はせんじ詰めれば、
・入力
・集計
・出力
とシンプルです。

誤解されがちなのは、上記の内、入力出力の処理は、
会計ソフトだけで完結しない、拡張できるということです。

会計データの入力ではfreeeやMFクラウドのウェブでの取り込みがや、
インストール型のソフトでもインポートによる入力が可能です。
(弥生会計のインポート エクセル経由でストレスを下げる)

また、出力というと試算表や損益計算書や貸借対照表があります。
どの会計ソフトでも設定された様式による出力という共通点があります。

見方を変えれば、経営に必要な会計データはカスタマイズする余地がある
という発想につながります。
(決算書を加工するってどういうことか? 税法仕立ての克服へ)

どの会計ソフトを選択するかというよりも、
・どのような経理処理をしているか
・どんな会計データが必要か
といった考え方をしてみることがおすすめです。

おすすめの会計ソフト メンテナンスフリーは期待しない

車を運転していると、無茶な運転をしていなくとも消耗・劣化します。

といっても自分では気づきません(笑)。

車検やタイヤ交換の際に指摘されてわかります。

会計ソフトでの処理も車の消耗や劣化と似た面があります。

安定した処理ができて、機能的なインタフェースだからといって、
処理や出力された結果が適正か、妥当かはわかりません。

車での事故を防ぐために点検や整備が必要なように、
会計でのトラブル回避のために専門家がいるわけです。

便利な会計ソフトでもメンテナンスフリーではありません

 

蛇足
会計ソフトの基本的な構成に違いはありませんが、
明朝体で圧迫するかのようなインタフェースだとげんなりします。
未だに明朝体使用のソフトが残っています。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画