士業を目指すならSNSでの発信は欠かせませんよ! バランス感覚の保ち方

見るだけ?、視聴するだけ?では物足りない。

士業とSNS リアル情報集の限界

税理士という職業に焦点を当てて情報収集をする機会が
私の場合2度ありました。

1度目は税理士試験合格直後です。

合格ご期待していたものの、いざ合格が現実となると
どんな税理士になろうかと慌てました(笑)。

2度目は税理士登録と独立開業の直前です。

期待や希望を現実に着地させることになるので
再度情報を収集しました。

地方在住でこれといったコネもなかったので、

  • SNS(ブログなど)

を頼りに情報収集を進めました。

独立開業している税理士は全国にいます。

しかし、年齢や経歴・考え方で参考となるケースは
地方在住者にとっては見つけにくい実態があります。

平均年齢が60代という税理士業界でのロールモデルを
リアルだけで見出すのは限界があります。

士業とSNS 独立開業の罠

税理士登録や独立開業の前に情報収集を強めたのは、
独立開業後の不安があったからです。

士業で独立開業すると、

  • 同僚や上司はおらず
  • 同業者も干渉せず
  • お客様とのクローズドな関係

といった状態に落ち着きます。

私は今のところスタッフを雇う予定はありません。

意外なほど狭い人間関係で終始しがちです。

独立開業してしまえば、いわゆる一国一城の主です。

反面、裸の王様やお山の大将といった可能性もあります(笑)。

不安の一つは、考え方のズレや偏りがほったらかしになる
ことでした。

知識や経験をもっている専門家といっても、考え方のズレや偏りは
結局成果につながらない不安があります。

自分のバランス感覚を保つための手段が必要と感じました。

士業とSNS 発信と更新の緊張感

幸いなことに、現在ではSNS で情報の収集ができます。

  • ブログ
  • ホームページ
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • stand.fm
  • YouTube

上記のような SNSでの情報発信が大多数の税理士によって
行われているわけではありません。

実態としては税理士の内5%未満かもしれません。
(2021年約8万人の税理士がいます)

発信されている内容を断片的にキャッチ(受信)することも
バランス感覚を保つことにプラスになります。

SNSの利用でさらに魅力があるのは自ら発信することです。

継続的な発信や更新を続けることには緊張感がともないます。

SNSでの発信は、独立開業・ひとり経営で陥りがちな
バランス感覚のズレを補正する手段にもなります。

士業を目指す方やこれから独立開業する方は、
発信者目線でSNSをみていただくことがおすすめです。

 

蛇足
サイトやホームページを外注に出す選択肢もありますが、
更新手段の確認と定期更新は手放さないことをおすすめします。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン