数字に強くなるためのコツとは?
大きい桁を直感的に扱う

「地頭」という表現を最初にみたときに
「頭突き」や「石頭」を連想しました(笑)。

勘が悪くても、ちょっとした工夫ならできます。

また来年の「きんつば さくら(中田屋 金沢市)」

数字に強い 数字酔い?

私はどちらかというとお酒に強いタイプです。

といっても、飲めば酔うことに変わりません。

酔っぱらったときに目の前の光景が
グニャグニャになった経験があります(笑)。

そうした反応が早くに感じられる方であれば、
お酒が苦手かもしれません。

同じことは数字にも言えそうです。

  • 数字に強い = 計算が速い

といった見方がされます。

電卓やExcel、会計ソフトといったツールがあっても、
判断力や想定の幅を広げる点で「数字に強い」は魅力です。

一方で、帳簿や決算書をみるだけでも苦痛という場合、

  • 専門用語の知識や仕組みの理解だけでなく
  • 数字の羅列で疲弊する

といった方が多いかもしれません。

「数字酔い」用の酔い止めを処方したいところです。

数字に強い 高校数学と暗記

数字の羅列といっても日常・仕事では、

  • 桁の大きい数字(金額)

といった取り扱いが多いはずです。

たとえば、飲食店の売上高。

  • 客単価:1,000円/人
  • 1日の来店者数:70人/日
  • 年間300日営業:300日/年

年間売上高は下記の通りです。

  • 1,000円/人×70人/日×300日/年=21,000,000円/年

数字酔いの原因は「0」の羅列にあります。

「0」の羅列で酔わないためには、

  • 桁を把握する
  • 指数を利用する

といった対策がとれます。

「1000」よりも「1,000」と「コンマ(カンマ)」で区切ると
桁の取り違えを防げます。

区切った状態と桁を暗記しておくこともおすすめです。

$10=10^1$
$100=10^2$
$1,000=10^3$
$10,000=10^4$
$100,000=10^5$
$1,000,000=10^6$
$10,000,000=10^7$
$100,000,000=10^8$

(桁-1)=べき数(10の右肩の数字)、と把握できます。

「指数」を利用するとかけ算・わり算をたし算・ひき算にできます。

上記の売上高の計算では桁の処理に集中すれば
的外れにはなりません。

$(10^{3+1+2})*(3*7)=10^6*21$

高校数学のちょっとした利用と暗記が役立ちます。

数字に強い 直感化の魅力

そろばんや暗算の達人の成果は再現困難です。

また、一般的にパッと数字を計算する場合、
概算額がわかれば問題ありません。

直感的に計算できるテクニックがあれば、
判断の先送りや曖昧な想定を防ぎやすくなります。

地頭の良し悪しよりもちょっとした工夫で
数字酔いは防げます。

 

蛇足
本を読むのは好きなのですが、日本語の古典が苦手です。
ひらがなの連続が続くと、文字で酔いそうになります(笑)。
「分かち書き」は日本語でも需要があるはずです。
 (文章を楽に読むための試行錯誤)

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス

■災害と税金の情報

災害と税金