選挙の投票前にはマッチングサイトを利用する!

候補者や政党の分析にもなりますが、
自己分析にもつながります。


掘り起こしてみないとわかりませんね。

マッチングサイト 税理士は税の専門家ですけれど…

国政選挙は一億人以上が参加するビッグイベントです。

頂上決戦ともいえるイベントなのでとりあげられる争点も
多岐にわたります。

お金、税金に関連する話題も必ず登場します。

税理士という職業柄、各政党の税金関連の公約は
それなりに気になるところです。

とはいえ、税金の話題は選挙戦隊の争点の中ではごく一部です。

また、税理士が関連する税金の話題は税法に関連した内容ですが、
選挙でとりあげられる税金の内容はもっと幅が広いものです。

税理士と税金の関係は、

  • 税制改正
  • 税法
  • 歳入

といったところに限定されます。

選挙でとりあげられる税金は上記に加えて、

  • 経済政策
  • 社会保障
  • 財政政策
  • 歳出

と幅広く関連します。

投票に行く前には、選挙全体の争点を整理するのが良さそうです。

マッチングサイト オンラインで複数のサイトを利用

新聞やニュース 、SNS では選挙運動の期間中は
情報が飛び交っています。

情報量が多すぎると、かえって自分の関心ばかりに注目しがちになります。

マッチングサイトを利用してみると、

  • 選挙全体での争点
  • 各政党の主張や公約の違い
  • 自分の選択の傾向
  • 自分の関心事
  • 各政党と自分の選択の一致と不一致

といったことが見える化できます。

マッチングサイトは複数あります。

どれか特定のサイトがおすすめというよりは、
複数のサイトを利用することをおすすめします。

サイトの違いによって、

  • 質問の数
  • 質問の文言
  • 質問の分類傾向
  • マッチングのアルゴリズム

といった構成が異なります。

複数のサイトを利用使用してみることで
自分の判断を客観的にみられます。

私は以下のサイトを利用してみました。

「JAPAN CHOCE」

「毎日新聞ボートマッチ衆院選 えらぼーと2021」

「選挙ドットコム」

どのサイトも

  • オンラインで
  • 登録が不要
  • マウス操作だけ
  • 時間は10分以内
  • 結果はすぐに判明

ということで利用しやすくなっています。

マッチングサイト 子供に説明できますか?

先日、とある小学校で租税教室に登壇しました。
(租税教室で登壇しました! 大人の皆様大丈夫ですか?)

生徒からの質問では、

  • 税務署と税務課の違いとは何か?
    • 課税管轄の違い
  • 申告する税金としない税金の違いは何か?
    • 申告方式と賦課方式

といった予想外に専門的な質問もありました(笑)。
(授業ではもうちょっとやんわり説明しました)

政治の仕組み、税金の仕組みは誰にとっても関連しますが、
知識や知見が自然に更新されるものでもありません。

租税教室では小学6年生を対象に、

  • 税金の仕組みを教育課程で勉強する機会は小学6年生と中学3年生のみ
  • 平均寿命を考慮するとクラスの半数近くが22世紀まで生きている
  • 大人になったからといって自動的に知識が増えたり、理解が進むことはない

ということも伝えました。

マッチングサイトを使ってみると、選挙の争点ではあるものの
自分の知識や理解にムラがあることがわかります。

マッチングサイトの利用は、ちょっとした自己分析につながります。

知識や理解の不足は付け焼き刃でも補ったほうが良さそうです。

 

蛇足
2021年(令和3年)10月31日は衆議院選挙と金沢マラソンが同時開催です。
金沢市の方には期日前投票の利用もおすすめになります。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン