複式簿記の仕訳が読めるとは?
上付き文字supと下付き文字subで意味を見える化する!

見える人には見える対象が「仕訳」です。

「スタンド使い」にはなれなくとも、「簿記使い」にはなれます(笑)。

仕訳が読める 見えているようで見えない

わかっているようでわからないときにもどかしさを感じます。

たとえば、複式簿記の「仕訳」。

「借方」や「貸方」、勘定科目といった独特の表記スタイルです。

  • (借方)売掛金 (貸方)売上

見慣れない印象はあるものの、情報やデータは少ない印象です。

定型的なパターンさえ覚えてしまえば問題なさそうかな!?
と不安を打ち消したくなります。

一方で、上記の仕訳に補足説明が加わると様相が変わります。

  • 借方の売掛金は資産の貸借対照表科目で未回収の状態です
  • 貸方の売上は発生主義により収益を表しています

仕訳のどこにも書いてないことばや考え方、要素がみられます。

仕訳を覚えていても、理解していないことが突きつけられます。

意味を読み取れない仕訳は不安の発生源でしかありません。

仕訳が読める 情報を補うsupとsub

複式簿記の仕訳は一見するとシンプルに構成されていても、
情報やデータががっつり盛り込まれています。

仕訳が読める・意味がわかるという表現は、

  • 仕訳に込められた情報やデータを読み解けますか?

という問いかけとなります。

冒頭の売上発生時の仕訳は下記のように表現できます。

  • (借方)売掛金資産未回収 (貸方)売上収益発生主義

パッと見はごちゃごちゃした仕訳です。

とはいえ、上付き・下付き文字での補足が加わることで、
必要な理解に手短に到達できます。

使用したHTMLの要素は以下の2つです。

  • 上付き文字(sup,superscript) □▼<sup>〇〇</sup>
  • 下付き文字(sub,subscript) □▼<sub>〇〇</sub>

WordPressでは「ビジュアル」ではなく「テキスト」で編集を加えます。

「資産」や「収益」といったカテゴリーや「未回収」といった意味だけでなく、

  • 消費税の「課税区分」や「事業区分」
  • 勘定科目の補助科目

といったデータも追加の対象となります。

シンプルに見える仕訳の重層的な意味が見えてきます。

仕訳が読める 瞬時に復元する!

簿記は「慣れ」が大切と言われます。

間違いではないのですが、ことば足らずです。

仕訳については、上っ面の丸暗記では現実の処理には対応できず、
意味を読み解くこともできません。

煩雑ではありますが、仕訳ごとの意味の理解が優先です。

上記で示した上付き・下付き文字での補足情報は通常見えません。

しかし、仕訳とセットで情報を保管する必要があります。

簿記の「慣れ」とは、

  • 通常の表記では見えない情報を瞬時に「復元」する!

ということを目標にしています。

理解と反復によるトレーニングが仕訳を読み解く最短経路となります。

 

蛇足
アイキャッチ画像は散歩中に見かけたハナミズキです。
市街地でも目立つ紅葉でした。

 

 

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■確定申告のお申し込みはお早めに!

確定申告対応サービス