キャリアアップと資格取得を分けるときはいつか? 継続するか、打ち切るか!?

悩ましいか、サクッと応えられるか、それが問題です。


2022年(令和4年)も稲刈りスタート

継続と打ち切り 悩まなかった税理士試験

2022年8月は猛暑とコロナ感染第7波だけでなく、
突発的な豪雨被害も各地で発生しています。

税理士試験を受験をしていた頃の8月後半は
8月上旬の試験の記憶が残っている時期でした。

試験の記憶が残るとは、

  • もっと勉強しておけばよかった…
  • あんな無茶苦茶な問題解けるわけがない!
  • 合格ラインは?
  • 合格率は?

といった混乱した想いが続いた時期でもありました(笑)。

その一方で、税理士試験を打ち切るという発想はありませんでした。

信念や覚悟があったわけではありません。

他に有望な目途のたつような選択肢がなかったからです(笑)。

税理士資格の取得とキャリアアップが一致していたので
悩みが無かったわけです。

継続と打ち切り FP試験を打ち切った理由

税理士試験とは異なり、一定の検討をした上で打ち切ったのは
FP(ファイナンシャルプランナー)試験でした。

税理士資格取得後、同世代の先行している税理士では、

  • FP/CFP
  • 宅地建物取引士
  • 行政書士
  • 不動産鑑定士
  • 社会保険労務士
  • 司法書士

とさらに資格取得に励んでいる様子がみられました。

税理士は税務会計サービスを取り扱う専門職ですが、

  • ライフプランや資産形成
  • 土地取引や評価
  • 行政文書の作成
  • 社会保険手続き
  • 登記

といった業務とも関連します。

税理士以外の資格をもつことで業務に厚みが出る
という発想はスジが良さそうに思えました。

上記の資格のなかでは比較的手掛けやすいFP3級から
受験を開始しました。

幸い3級→2級と順調に合格して、AFP→CFPへのコースも
みえてきました。

が、2級合格後にFPの「試験」勉強は打ち切りました。

FPの取り扱う業務範囲は税理士とも関連します。

言い換えれば、FPの知識は税理士にとっても有効です。

反面、一般論ではなく自分のキャリアとの整合性では、

  • ひとり税理士でのリソースの限界
  • 法人>個人

とFP資格を活用できる面が乏しい状況でした。

また、どんな知識も仕事の役に立つとはいえ、

  • 更新・ブラッシュアップが不可欠

という活用のための前提があります。

無目的で自分ですら納得できていない資格取得であれば、
早々に打ち切ることが吉となります。

継続と打ち切り 仕事の棚卸と連携

キャリアアップと資格取得はある一定の段階までは一致します。

たとえば、経理業務に転職する場合の日商簿記3級・2級の取得。

あるいは、私の場合の税理士資格。

日商簿記であれば「級」、税理士試験は科目数による
段階的な達成感が得られます。

達成感→キャリアアップとつながっていく印象です。

受験勉強→試験→合格、といった過程を段階的に続けると、

  • 次のターゲット=資格試験

といったループにはまっていきます。

複数の資格取得がキャリアアップにつながる方もおられます。

とはいえ、資格取得やその後の維持・レベルアップを考えると、

  • 仕事の棚卸や整理
  • 他の専門家との連携

といった検討が不可欠になります。

他の専門家に丸投げが最適解かどうかは別にして(笑)、
キャリアアップの段階を見直す時期は必要です。

 

蛇足
資格試験のテキストや問題集の膨大な量をみて、
やる気が出るというタイプの方がいます。
危険な性格です(笑)。
取り組むべきかどうか、一呼吸がおすすめです。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン