動画・録音から自動で文字起こし!
Googleドキュメントとステレオミキサー

「その手があったか!」という手法です。

プログラミングのスキルが不要な方法です。

自動文字起こし 効率的だが非効率

高校生の頃、「実況中継シリーズ」という参考書がリリースされました。
 (現在も語学春秋社から販売されています)

予備校での授業が臨場感のある文体でテキスト化されていて、
地方の高校生には新鮮な印象でした。

ウェブで動画配信が気軽に利用できるようになった今でも、
テキスト・文字の利用は利点があります。

  • 動画・音声よりアクセス性が良い
  • 再現過程の確認がしやすい
  • 言語化による理解の確認

一部のウェビナーでは、動画配信に加えて
「文字起こし」したテキストも提供されています。

文字起こしされたテキストファイルをダウンロードすれば、
デジタルデータとして編集できるので効率的です。

反面、一から自力で文字起こしをしようとすると、
非効率性が際立ちます。

Googleドキュメントの音声入力機能を使うことで、
文字起こしの効率化を期待できます。

自動文字起こし ステレオミキサー設定

Googleドキュメントを使った文字起こしでは、

  • パソコン上で出力(再生)した音声を
  • Googleドキュメントの音声入力に反映させて
  • 自動で文字起こしを行う

という工程となります。

Googleドキュメントの利用にはGoogleアカウントがあればOKです。

Googleドキュメントの音声入力は、

  • 「ツール」→「音声入力」
  • Ctrl+Shift+s

いずれからでも実行できます。

課題は、PCで再生した音声をGoogleドキュメントに入力することです。

ここで「ステレオミキサー」が必要になります。

Windows画面右下のサウンドアイコンを右クリックすると、
「サウンド」より確認ができます。

「ステレオミキサー」が表示されている、又は右クリックで表示できる
場合であれば準備は不要です。

私の使っているパソコンではステレオミキサーが確認できず、

  • VB-Audio

といったフリーソフトをインストールしました。

ダウンロード後に解凍して、「VBCABLE_Setup_x64.exe」ファイルを

  • 右クリック→「管理者として実行」

でインストールします。

使用する際には「サウンド」の「再生」「録音」タブの「規定」を確認します。
 (設定対象上で右クリックすれば設定できます)

Googleドキュメントの音声入力を起動した際には、アドレスバー隅のアイコンより
ステレオミキサーが選択されているかも確認します。

自動文字起こし Googleドキュメントを利用

Googleドキュメントとステレオミキサーを使った自動文字起こしは、

  1. 動画音声を再生
  2. Googleドキュメントの音声入力を始動

といった順序で進めます。

音声入力→動画音声再生の流れでは処理できません。

また、Googleドキュメントの音声入力を始動した後は

  • マウスにもキーボードにもノータッチ!

という制約もあります。

うっかりパソコンを操作すると、音声入力がストップします。

下記は実際に自動で文字起こしをした処理です。

文字の変換や句点・読点、改行といった点で充分な成果とはいえません。

とはいえ、動画音声から自動での文字起こしが実行可能である
ということは確認できました。

  • 動画や音声が短時間であれば!?
  • 話し方次第では…!?

試行錯誤の課題が増えました(笑)。

 

蛇足
今回自動文字起こしに使った動画音声は、

という自作の動画音声ファイルでした。
自分の声が自動で文字起こしされている画面をみていると、
ちょっと幽体離脱しているような不思議な感覚でした。

 

 

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画