伴走特別県保証 石川県信用保証協会も伴走!

アドバンストな伴走。

伴走特別県保証 コロナ2年目の融資環境

2021年(令和3年)、依然としてコロナ禍です。
2年連続でゴールデンウイークを自粛下で迎えるとは予想外です。

コロナ禍2年目の4月より融資環境が変わりました。
コロナ禍初年度の無利子・無担保の「ゼロゼロ融資」が終了して、
伴走支援型や経営サポート会議といった新制度が登場しました。
(コロナ2年目は融資環境も変化しています 伴走型?、サポート会議?)

融資の際の信用保証料を通じた制度変更です。
全国的な変更です。

今回は石川県信用保証協会による「伴走特別県保証」を紹介します。
ローカルな制度です。

伴走特別県保証 伴走特別県保証

伴走特別県保証を全国的な伴走支援型特別保証制度と比べてみます。

資格要件や保証限度額、融資期間での違いはありません。
また、経営行動計画の策定や金融機関フォローアップが
求められています。

両制度の大きな相違点は、金利保証料です。

伴走特別県保証では、さらに負担軽減の制度となっています。
・金利:1%
・保証料:実質負担なし

伴走特別県保証 新たな味方を求めるとき

コロナ2年目の融資環境の変化の一つが、伴走(フォローアップ)です。

融資段階だけでなく、融資後の定期的なフォローアップで経営を支えるわけです。

四半期での定期的なコミュニケーションは、事実上毎月ごとの経理処理が必要です。

経営者だけでの処理では時間も労力にも限界があります。

制度上の伴走者は金融機関や信用保証協会ですが、税理士も伴走者となりえます。

コロナ禍という未体験の状況だからこそ、新たな味方を求めるときです。

 

蛇足
石川県信用保証協会は金沢城公園といった観光地と金融機関に隣接しています。
(金融機関には地元銀行や信用金庫、日本政策金融公庫もあります)
といっても静かな印象です。

<お知らせ>
セミナー動画販売 税理士受験者セールは5月末まで!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン