試験直前期は直感と制約で体調管理 問題はアタマじゃない!

自己嫌悪をスルーして、まずは健康です。


除湿剤も活躍。

直前期の体調管理 問題はアタマじゃない!

税理試験直前期の悩みは多々あります。

・もっと勉強しておけばよかった
・まだ不完全な分野がある
・苦手分野が出題されないか

不安が続くなか、不毛な悩みもあります。

・自分はアタマが悪いんじゃないか・・・

試験への不安と成績の伸び悩みが自己嫌悪になるときの悩みです。

そうした不毛な悩みは、学習の成果そのものよりも
環境から影響されているかもしれません。

直前期の体調管理 直感と客観でのチェック

税理士試験の直前期は6月~8月と梅雨から夏の暑い時期です。

暑いだけでなく、梅雨もあります。

平時でもうっとおしい梅雨に試験のプレッシャーが加わります。

体調が不安定になり、心理的にも消耗しそうです。

心理的な消耗を防ぐために、環境のチェックがおすすめです。

チェックには自分の直感と客観的な視点があります。

自分の直感というと曖昧な印象ですが、体調の良し悪しの判断は
自己本位なものです。
まず、セルフチェックです。

セルフチェックと並行して、客観的な視点からも体調を管理します。

・睡眠時間 ← 時間は充分か?
・起床と就寝時間 ← 不規則になっていないか?
・食事回数と内容 ← 不規則や偏りがないか?
・学習時の気温や湿度 ← エアコンを適切に使っているか?

上記のようなちょっとした確認でさえ体調の管理には有効です。

直前期の体調管理 体調管理で不安を減らす

試験直前期に平常時以上のリラックスは望めません。

しかし、思考停止や自己嫌悪に陥らないようにすることはできます。

心理的な不安が原因のストレスでも、体調管理次第で軽減できる
こともあります。

直前期の勉強は必ず合格につながります。

だからこそ、勉強を妨げることになりかねない体調管理は大切です。

 

蛇足
私は湿気と睡眠不足で体調が急降下します。
エアコンや寝具で環境を整えたり、就寝時間を一定にして管理しています。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画