年末調整でもやもやする理由 対象者・経理担当者・税理士の負担とは?

誰かがなんとかすればスカッと解決できる!
とはいきません(笑)。
それでも不一致感を知っておくともやもや感は
やわらぎます。


ビッケ(小松市)

年末調整もやもや 人気の無いイベント?

収入が増えるというわけではないのですが、
年末調整の結果お金が戻ってくると悪い気はしません。

あらためて確認すると、

  • 年末調整は給与から源泉徴収された金額の精算

というイベントです。

勤務している方で源泉徴収されている場合には、

  • 毎月の源泉徴収額が機械的に設定され
  • 個人的な事情が反映されていない

というわけで年末に調整の処理を行います。

多くの対象者では「還付」で調整が終了するので
お金が戻ってきます。

還付となるということは、

  • 源泉徴収税額 > 実際の税額

ということで、上記の差額が還付額になります。

  • 源泉徴収税額 - 実際の税額 = 還付額

お金が戻ってくる年末調整ですが、人気はパッとしません。

年末調整もやもや 三者三様のもやもや感

年末調整に関わる方は以下の通りです。

  • 年末調整の対象者
  • 経理担当者
  • 税理士

上記の関係者はそれぞれ年末調整でもやもやした気持ちを
抱えています。

まず、年末調整の対象者。

お金が戻ってくるという面ではポジティブなはずです。

それでももやっとするのは、毎年毎年同じような、
それでいて微妙に変わる書類を準備する必要があります。

また、個人所得税の精算のはずの年末調整といいながら
家族の情報を提示する指示があります。

プライベートな事情と年末調整は折り合いが悪い印象です。

次に、経理担当者。

給与の処理は経理の一環のため、年末調整も担当します。

しかし、経理担当者の本来の業務は会社のお金の管理です。

日常の経理業務を抱えながら、対象者全員の年末調整を

  • 締め切りに迫られながら
  • 慣れない個人所得税に関連した処理を
  • もやもや感を抱えた対象者を相手に進める

といった負担があります。

そして、税理士。

経理担当者と同じ負担やもやもや感があります。

また、本来個人所得税が確定申告がゴールで完結する
ということを前提にしています。

言い換えると、個別具体的な事情を反映しつつ
継続したサービスを確定申告を通じて行います。

機械的な処理で所得税の処理を完結させる年末調整は
不完全燃焼のもやもや感を残します

年末調整もやもや 確定申告書は一度はみておく

年末調整という制度がある間は、対象者・経理担当者・税理士が
もやもや感を払拭することは難しそうです。

とはいえ、ちょっとストレスを減らすアプローチがあります。

年末調整の対象者であっても一度は確定申告書を作ってみる
ことをおすすめします。

国税庁サイトのウェブサービス「確定申告書等作成コーナー」では
源泉徴収票をもとに入力していくことで確定申告書が作れます。

年末調整しか源泉徴収の精算手続きができないというのではなく、
確定申告での解決という可能性があることを知っておくと、
年末調整のもやもや感は小さくなります。

 

蛇足
経理担当者・税理士のもやもや感は当分の間残りそうです(笑)。
データの連携をスムーズにしていくことが当面の目標ですね。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン