決算・申告のシーソーゲーム 節税?、融資?

トレードオフともいいますね。


和乃菓ひろの(白山市)

決算申告シーソーゲーム 税理士=節税の誤解

仕事柄のイメージってあります。
・銀行員=まじめそう
・営業職=口八丁手八丁
・職人=無口
・税理士=細かい税金の計算(笑)?

イメージは事実の一面を表しています。
間違いではありません。

とはいっても、事実の一面がすべてでもないわけです。

税理士は税務サービスを取り扱っているので、必要な場合
適正な内容で負担を減らす節税を提案します。

必要な場合、という限定条件付きです。

決算申告シーソーゲーム 融資と返済

個人でも法人でも利益が見込める、黒字予想ならば
税金の負担があります。

消費税のように預り金の性格の税金とは異なり、所得税や法人税は、
収益と経費の計上次第で税負担が変わります。

経営の負担を減らすためにも節税という選択があります。

こうした利益が見込めるときとは反対に、赤字の場合には節税対策は不要です。

当たり前といえば、当たり前のことです。

しかし、上記のような発想は、
・事業と関連する外部の影響は税金のみ
・黒字→節税
といった経営上の判断の一面でしかありません。

経営を続けるためには、お金が不可欠です。

自己資金や営業からの利益だけでは、短期的に経営が行き詰まることもあります。

また、長期的には利益が見込める(黒字になる)新規の投資でも、
現状は手元にお金が無いということもありえます。

見方を変えると、経営には銀行からの融資が必要な局面があるということです。

これも、当たり前といえば、当たり前のことです。

融資は返済がセットです(残念ながら(笑))。

返済の原資(元手)は、事業からの利益によるものです。

利益=黒字→節税、といった考え方だけでは嚙み合いません。

決算申告シーソーゲーム 決算申告と次期以降の計画

税理士が節税ばかりを気にしているのは誤解やパロディです。

税理士として決算や税務申告に携わるときには、
・現状(処理年度)の税負担
・次期以降の事業見通し
・事業の見通しと資金繰り
といった観点から経営者ともお話します。

将来の見通しと資金繰りを考慮してお金が必要な場合には、
税負担の軽減よりも、融資(借入)を重視することもあります。

決算や申告の処理は会社(経営者)と税理士の間で進められますが。
融資には銀行などの金融機関とのやりとりに時間を要します。

普段からの経理運営の効率性や適正さが効果を発揮します。

 

蛇足
2021年(令和3年)のGWも依然コロナ禍です。
選択の余地無くコロナ退散祈念です。

冒頭写真の裏面です。
なかみは粒あんでした。

<お知らせ>
セミナー動画販売 税理士受験者セールは5月末まで!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン