独立しているなら健康診断を先送りしない理由があります!

ちょっと大袈裟な理屈を使ってみると、
かえって納得できます。


石川県能美市

独立するなら健康診断 人に言われる気持ち

「経理は大切です」や「○○の前倒しがおすすめです」と
ブログで懲(こ)りずに投稿しています(笑)。

○○は確定申告であったり、インボイス登録であったりと
税務会計に関連した内容です。

ブログ記事はきつく感じないように表現しているつもりです。

とはいえ、税理士からの上記のようなおすすめは
とらえ方次第ではプレッシャーとなるかもしれません。

同じことは私も感じることがあります。

たとえば、健康診断。

「健康診断は大切です」や「生活習慣病を予防しましょう」と
アドバイスされると、正論だと認めつつも先送りしがちです。

わかっちゃいるんですが(笑)。

独立するなら健康診断 二重の基準をパクる

正論であっても先送りできそうな課題や問題は
はっきりしたトラブルが出るまで棚上げしがちです。

確定申告には例年3月15日と期限があります。

期限後申告で青色申告の特典を不意にしたり、
延滞税を回避したいなら期限厳守です。

そういった理由から、3月上旬から申告処理をする
という方もおられるようです。

健康診断も確定申告に似ています。

ただし、健康診断には期限があってもペナルティはありません。

強いて言えば、具体的な病状を事後的に悔やむことが
考えられます。

フリーランスや個人事業主では体調管理も自己管理です。

健康診断の先送りや棚上げは簡単です。

それでも独立しているなら健康診断は必須と断言できます。
体調管理は最優先といっても過言ではありません。
(大切なので繰り返して強調しています)

法学の世界で「二重の基準」という考え方もあります。

憲法に違反しているかどうかを判断する際に、

  • 精神的自由を経済的自由より優越させる

という考え方です。
(詳しくは「二重の基準」で調べてください)

経済的自由、お金の問題は事後的に回復できても、
精神的自由への制約は回復の可能性を制限する
といった考え方が背景にあります。

お金は大切ではありますが、常に最優先とはいえない
といえます。

抽象的で大きなテーマですが、ぐっと身近な体調管理、
健康診断にも当てはまります。

健康診断と一口にいっても簡易な検査から人間ドックまで
幅があります。
受診のコストも様々です。

といっても、事業を続けられるのであれば
健康診断のコストは微々たるものです。
(残念ながら必要経費にはなりませんが(笑))

独立するなら健康診断 通知をご確認ください

フリーランス・個人事業主であれば健康診断の通知が
お手元に届いているかもしれません。

私は5月に健康診断を受診しました。

  • 問診
  • 血圧
  • 心電図
  • 血液
  • 尿
  • 肝炎ウイルス
  • 大腸がん
  • 肺がん

受診にかかった時間は1時間、費用は1,200円程度です。

結果次第では生活で見直す面があるかもしれません。

しかし、早期の対応であれば調整も小幅かもしれません。

先送りで回復不可能な状態に陥ってしまうくらいなら、
早めの健康診断がおすすめです。

 

蛇足
アイキャッチ画像は石川県能美市で撮影した麦畑です。
ウクライナの国旗はこんな風景から生まれたんでしょうか?

蛇足2
健康診断の費用は医療費控除の対象にはなりません。
しかし、検診の結果疾病が判明して治療対象となった場合、
医療費控除の対象となります。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画