年金が振り込まれていなかった!? 原因と対策

今後増えそうなトラブルです。


和乃菓ひろの(白山市)

年金がない!? 安心と過信

お金のやりとりでは安全な手段を選びたいものです。

一昔前なら、年齢×千円を現金で財布に入れておくべき
と言われていました(そうです)。

今やキャッシュレスの時代です。

財布の中にクレジットカードどころか、
スマホで決済しています。

一方でまとまったお金、大金であれば
取り扱いは慎重になります。

銀行口座の利用には安全性や安心感を期待します。

いわゆる現役世代だけでなく、年金で生活されている方にとっても
そうした心境は変わりません。

とはいえ、安心感はうっかりしていると過信につながります。

年金がない!? 口座変更にご注意

通常、公的年金であれ個人年金であれ年金は

  • ほぼ定額が
  • 定期的に
  • 銀行口座に

振り込まれる収入というイメージです。

公的年金であれ個人年金であれ、
破綻がなければきっちり入金されているはずです。

とはいえ、例外があります。

先日、とある年金生活者の方が通帳を確認したところ、
予定していた個人年金の入金がありませんでした!

すぐに契約先に問い合わせたところ、
意外な原因が判明しました。

入金がなかった原因は年金を受け取る方が、

  • 受け取りの口座を変更し
  • 契約先に連絡していなかった

ということでした。

うっかりミスというわけです。

日本年金機構のサイトでも口座変更での注意が
されています。

年金がない!? リストラに対応

原因がわかってしまえば慌てることはありません。

ただし、上記のような年金のトラブルは
増える可能性があります。

銀行、金融機関のリストラが進んでいます。

2022年(令和4年)2月時点では、「店舗内店舗」での
支店の再編が目立ちます。

今後は店舗の統廃合も増えるかもしれません。

銀行口座への入金や振込が安定したサービスでも、
利用する側での管理は必要です。

銀行口座の管理では、

  • 口座の利用状況
  • 定期的な入出金の管理

が欠かせません。

店舗の窓口やATMの利用も選択肢になりますが、
同時にインターネットバンキングの利用も選択肢です。

インターネットバンキングの利用はビジネスの効率性を
連想しがちです。

ちょっとした誤解かもしれません。

行動を制約されがちな高齢の方にとっても
インターネットバンキングの利用は有効です。

年齢は関係ありません。

 

蛇足
アイキャッチ画像は季節の和菓子うぐいす餅と桜餅です。
私の住んでいる北陸・石川県は2月上旬は雪国ですが、
和菓子は春に衣替えです。
石川県の桜餅は「長命寺」が多い印象です。
(「道明寺」はあまり見かけません)
私は葉を食べる派です。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画