実家のお正月はローカル色豊かです! 雪が降ると見える実態とは?

あけましておめでとうございます。


辻占(むらもと・白山市)

お正月とローカル グローバル化と正反対

経済のグローバル化はいまさら感のあるテーマです。

私の使っているシャツも

  • 日本製
  • 中国製
  • インドネシア製
  • カンボジア製

と次々に製造国が変わっています。

いつかはアフリカで製造されたシャツを着るかもしれません。

そういった身近だけどグローバル化を感じる話題もあれば、
ローカルであまり変化のない話題もあります。

たとえば、お正月。

お正月とローカル おもちは紅白・辻占

私の実家のある石川県加賀地方(金沢市より南)のお正月では、

  • おもちは紅白
  • 「辻占」
  • 「福梅」

といったおもちやお菓子が定番です。

お雑煮も紅白のおもちをいただきます。
(ネギを入れるのは実家の好みです)

「辻占(つじうら)」は日本版フォーチュンクッキーといったお菓子です。

噓です(笑)。

フォーチュンクッキーがアメリカ版辻占といえます。
(日本人移民がアメリカで辻占をクッキーで広めたようです)

占いを書いた紙をもち粉で作った生地で包んであります。

今年2022年(令和4年)元旦に選んだ辻占のなかの紙には、

  • 順風満帆
  • 待ち人あらわる
  • ご縁がある
  • 手をとりあって

といった意味深なフレーズが書かれていました(笑)。

「福梅」は梅の花の形のもなかです。

加賀百万石・前田家の家紋の形に由来しています。

紅白のおもちも辻占もお正月に絶対必要不可欠
というわけではありません。

それでも新年を実家で過ごしている実感がもてます。

お正月とローカル 雪が降ると見える実態

2021年(令和3年)12月末から低温や降雪が続きました。

私もぼちぼち除雪をしています。

雪が降って困ることの一つに、道路や歩道・側溝の位置が
わかりにくくなることがあります。

車での脱輪や歩行時のトラブルの原因です。

雪が降って足元が見えなくなると、
かえって目につくものもあります。

空き家です。

人の出入りのない空き家は玄関前も除雪されていません。

たとえば、実家の近所の空き家の玄関前の場合。

普段は実家から離れていたり、日中仕事にでていると目にしない光景です。

実家に帰省して町内を散歩してみると、玄関前が手つかずの積雪いっぱい
というお宅が多々あります。

空き家が増えている、問題化しているというと

  • 抽象的
  • データ上のお話

ととりがちです。

雪の降る田舎をめぐると空き家問題を実感できます。

相続のトラブルといっても、税金だけではありませんね。

 

蛇足
能登地方では、冬に水ようかんを食べる習慣があるそうです。
石川県内といっても地域差はありますね。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン