今年の税理士試験は諦めました!? 試験との折り合いのつけ方とは?

まずはきれいな花をみて、気分を落ち着けましょうか?


アガパンサス

試験諦めた!? 7月に聞く

「税理士 夏」というと8月の税理士試験が注目されます。

2022年(令和4年)8月も2日(火)~4日(木)に試験が実施されます。

私は税理士に登録しているので受験することはありませんが、
それでも試験直前の7月はちょっとそわそわします。

「そわそわ」とやんわり表現しましたが、受験していた頃は

  • 胸がざわつく
  • 息が詰まる
  • 押しつぶされそうになる

という雰囲気が続いていた記憶があります。

合格した年の7月の直前期であっても余裕はありませんでした。

まして明らかに実力不足を感じていた年の直前期は
勉強が手につかないこともありました。

7月の試験直前の不安な時期には、

  • 今年の試験は諦めた

というフレーズも見聞きします。

試験諦めた!? 9月に再開!?

税理士試験を受験したときや統計をみて驚いたのは、

  • 受験申し込みをしたが受験しなかった

という方が多かったことでした。

例年2割前後の受験申込者が受験していません。
受験者の2割が不戦敗を選択したともいえます。

受験をしなかった背景には、

  • 仕事に追われて勉強ができなかった
  • 税理士以外の進路に変更した
  • 不合格の結果をみたくない etc

といった選択の理由があります。

試験とは無関係に進路を変更した場合、
受験する必要性はありません。

一方、不合格の結果を想定して受験をスルーした場合、
「諦めた」はずの受験や勉強を9月以降に再開しているかもしれません。

長い目でみれば、そうした判断もありかもしれませんが、
私はおすすめできません。

試験との折り合いのつけ方を誤解しそうだからです。

試験諦めた!? 延長はしないという表明

資格試験の受験は一般的に強制性は弱めです。

  • 中学生にとっての高校受験
  • 地方在住者にとっての自動車免許の試験
  • 通信会社で設計部門に在籍している場合の通信関連資格試験

上記は周囲の環境や組織からの受験圧力が強い例です。

税理士試験の受験は基本的に個人のキャリアアップの選択です。

受験するかどうかは個人の判断次第で割り切れます。

一旦受験を保留・棚上げ、後に再開することも可能です。

柔軟に選択・判断できる反面、

  • 試験の難度が高い
  • 試験は年に1回のみ

という制約があります。

上記の試験の制約は個人の判断では動かせません。

「今年の試験は諦めた」という選択は可能ですが、
個人ではコントロールできない制約も織り込んでいるかを
確かめる理由があります。

生きている限り延長できる試験だからこそ、
延長しない表明の機会(受験)をおすすめします。

 

蛇足
試験という文脈とは異なりますが、

  • 諦めましたよ どう諦めた 諦めきれぬと 諦めた

という都都逸(どどいつ)があります。
ご参考に。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画