商工会議所の税務支援に参加しました!

初参加のレポートです。


「御代の春」(とらや・京都→東京)

商工会税務支援 身近なはず!?

地域の公的な機関や組織といえば、

  • 市町村役場
  • 警察署
  • 消防署

といったところが連想されますが、

  • 商工会議所

もご存知の方は多いはずです。

個人事業主や小規模事業者の経営のサポートをしている
公的な組織です。

ビジネスをしている方だけでなく、
日商簿記などの資格試験でもおなじみです。
(日商簿記の正式名称は「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」)

ビジネス、事業活動ということで税理士とも縁があります。

商工会税務支援 確定申告期と税理士

税理士業界と商工会議所は確定申告の税務支援でも
コラボしています。

私も2021年(令和3年)分確定申告の支援業務に参加しています。

2月から3月にかけての参加です。

商工会議所での支援ということで、
確定申告といっても対応する範囲は限定的です。

所得税では、

  • 事業所得を中心に
  • 不動産所得
  • 雑所得(年金など)や給与所得
  • 譲渡所得(事業関連)

が目立ちます。

消費税の申告書のサポートは少数にとどまります。

記帳、帳簿の入力や申告書類の収集は
商工会が主導して事前に済ませています。

一般の確定申告相談会場のように
相談者が行列状態ということはありません。

かといって、書類のチェックばかりでもありません。

商工会の「記帳指導員」の方からの照会・問い合わせもあります。

コロナ禍ではありますが、相談者が商工会に来訪して
税務相談を受けることもあります。

消費税のインボイス制度の導入といった
確定申告とは直接関連しない相談もありました。

商工会税務支援 何を期待するか?

目の前に積まれたチェックする書類と向き合うと
商工会の手際の良さが感じられます。

ビジネス・事業をされている方でも、

  • 帳簿の作成方法がわからない
  • 帳簿の作成に煩わしさを感じる
  • 確定申告書の作成に不安がある

といった不安や欲求があります。

経営者にとって確定申告の手続きは絶対に必要です。

商工会での記帳や確定申告のサポートは
義務のサポートに貢献してくれます。

では、税理士の役割は?というと、

  • 記帳や申告に加えて
  • プラスアルファ

となります。

「プラスアルファ」は定型的というよりは、
個別・目的に応じたサービスです。

毎月の経理処理であっても、翌月5日まで
といったサービスもスピードでのプラスアルファです。

経営している状況を

  • 早く知りたい
  • 別の視点から知りたい
  • 期待する方法で管理したい

といった欲求もあるはずです。

どういった経営の選択をとるかによって
税務会計サービスの選択が広がります。

 

蛇足
税理士事務所に勤務していたときには
商工会と縁がありませんでした。
税理士事務所とは異なる組織の税務会計サービス
を確定申告のサポートで垣間見ることができました。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画