9月から経理をスタートするおすすめと留意点

「新学期」の魅力に気づくのも大人目線です(笑)。


突然完熟しない柿

9月から経理 第3のスタート

日本は失敗を許容しない社会とよく言われています。

治安もよく安定している良好な面と対比的に、
日本の残念な面としてとりあげられる特徴です。

なんとなく、それもそうだなという想いが一般的です。

反面、日本では時期的なスタートが意外に多くあります。

まず、元旦1月1日。

1年間というわかりやすい区切りでのスタートとして
納得できるスタートです。

次に、新年度4月1日。

官公庁や学校での制度上の新年のスタートです。

また、企業でも3月決算を選択しているケースが目立つます。

冬が終わって、明るい春を迎える季節でもあり、
スタートと結びつきやすい印象です。

そして、新学期9月1日。

子供の頃であれば締め切り日の印象です(笑)。

大人、それもビジネス・事業活動をしている方には、
年末に向けてのスタートとなります。

9月から経理 ビジネスとの相性が良い理由

スタートと相性の良いことばが「心機一転」。

何かをきっかけにして、新しい試みに取り組むことです。

たとえば、9月と経理の組み合わせの心機一転。

秋以降、ビジネスではイベントが続きます。

  • シルバーウィーク
  • ハロウィンや秋祭り
  • 紅葉での観光旅行
  • お歳暮
  • クリスマス
  • 年末商戦

お金が関連する税金のイベントでは、

  • 年末調整
  • 確定申告

と大きな課題と並行して向き合うことになります。

8月までの経理状況を9月から心機一転する
という選択が魅力的にみえるはずです。

9月から経理 長丁場での短期決戦!?

秋から取り組む税金関連の処理は翌年1月以降も
法定調書や償却資産税と続きます。

税理士や税理士事務所のスタッフにとって秋から冬は、
税金での処理が続く長丁場の印象です。

とはいえ、そうした長丁場の対象だから余裕がある
という発想は誤解です。

たとえば、年末調整。

経営者や税理士が効率化した処理を企画しても
処理する対象は年内の給与です。

従業員・スタッフの協力無しの取り組みでは挫折します。

あるいは、確定申告。

実質的に有効な節税対策や資産形成の取り組みは
年内に限定されます。

さらに上記の取り組みでは、

  • 今年の業績見込み
  • 手元資金の状況
  • 来年以降の資金繰り

といった検討を織り込んだ上での実行です。

取り組む対象が多い割には時間の制約が厳しい短期決戦
といった印象を受けるかもしれません。

9月から心機一転による経理の刷新はおすすめです。

これまでの状態ではできなかった期待も見通せます。

魅力があると同時に、

  • 新しい試みへの理解や慣れが必要
  • 時間(期間)の制約がある

といった留意点があります。

8月中はエアコンの効いたところで検討がおすすめです。

9月からの心機一転の魅力がみえてきます。

 

蛇足
アイキャッチ画像は柿です。
成熟して食べごろを迎える秋はまだ先ですが、
着実に成長しているようです。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン