自由と不自由は抱き合わせ 

折り合いのつけ方を試行錯誤ですね。

自由と不自由 大きすぎるので分ける、置き換える

雑誌や新聞の人生相談の定番のお悩みともいえるテーマが、自由や不自由に関連した内容です。

とりわけ、転職や独立開業を希望しながらもやもやしているときに考えます。
自由とは、人生とは、何かとみつめます。

もっとも、どこかの誰かさんのようにそれほど考えが無いケースもあります。
・他人は他人
・足を引っ張られるくらいなら、相談などしない
・好きなようにやるための努力以外は徒労

自由と不自由というと、定番の悩みとはいえ大きなテーマです。

大きな問題は、問題を分けたり、卑近な例に置き換えたりしつつ解決を探るのが現実的です。

自由と不自由 カスタマイズも不備も

大きな問題をよりコンパクトに、卑近な例に置き換えたものとして、このブログでも使っているWordPress(ワードプレス、以下WP)をとりあげてみます。

WPはCMS(Contents Management System)の一種です。
HTMLやCSS、Javascript、PHPを知らなくてもブログやホームページが作れます。
また、カスタマイズも容易で柔軟な構築が可能です。

とあっさりWPの紹介をしましたが、大きな落とし穴が「カスタマイズも容易で柔軟な構築が可能」です。

WPは「プラグイン」という、WPに機能を追加する仕組みを活かすことでカスタマイズしています。
たとえば、一般に使われている「お問い合わせ」の仕組みも「Contact form7」というプラグインで構築しています。
さらに、お問い合わせのメールをGメールに転送しようとした場合には、別のプラグイン「WP Mail SMTP」の設定が必要です。
WPやプラグインの設定がうまくいけば、ホームページからのお問い合わせを自分のスマホで確認することもできます。
その一方で、設定に不備があればメールの送信が滞ります。

早朝、何気にメールの確認時にメール転送のトラブルが発覚すると、血圧が急上昇します(笑)。
(平常時の血圧が高くなく幸いでした)

自分で管理できるウェブサイトやメールを利用できることで享受できる行動の自由と厄介なトラブルが起こりうる不自由は、抱き合わせです。

自由と不自由 図々しさも必要

わたしにとって自由と不自由は、対立やトレードオフ(あちらを立てればこちらが立たず)ではなく、抱き合わせと考えています。
自由を感じられるなら、同じほどの不自由さがあるという考え方です。

自由か不自由かと悩んだりしません。
また、自由を最大化して不自由を最小化することも、無理だろうなーとあきらめています(期待してますが)。

自分の判断や選択した過程、その結果と現状の限界をしっているから折り合いがつけやすいわけです。

過去を振り返って、現在を客観的にみれば、それほど不自由でもないんじゃないなどと言いたいわけではありません。

不自由さに見合う自由を期待する図々しさも必要というわけです。

 

蛇足
謙虚に生きています。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画