税制は本編より予告編が盛り上がる!?
令和5年度与党税制改正大綱発表

「お祭り」と「炎上」の違いって何だろうか?
と考えるときがあります。

改正大綱への反応の違いで利害関係や立ち位置が
客観的にわかることもあります。

クリスマスブリオッシュ(ビッケ 石川県小松市)

本編より予告 クライマックス!?

観に行く機会は減っているものの映画が好きです。

映画本編の上映前の近日公開予定の作品の予告編は
ちょっとわずらわしいものの淡い期待をもって観ていたりします。

予告編が本編の宣伝用である限り、力んで観ることはありません。

毎年12月に与党が公表する「税制改正大綱」との違いを感じます。

税制改正を巡っては、予告編ともいえる税制改正大綱が
クライマックスの印象さえあります。

本編ともいえる翌年1月以降の国会での成立が
ネタバレ後の上映にあたるためとも言えます。

本編より予告 読める!?、読めない!?

注目や関心が集まる税制改正大綱(以下「大綱」)ですが、

  • 読めるわかる or 読めないわからない

といった反応の違いがはっきりします。

「大綱」はウェブで公開されています。
 (「税制改正大綱 与党」で検索してみてください)

表紙は毎年の定番です。

目次も若干の違いはあるものの、例年と大差ありません。

「大綱」は図表やイラストも無く、殺風景な形式です。

関心の無い方にとっては毎年同じ内容にみえそうです。

もちろん誤解です。

「大綱」で言及される内容は利害関係のある方にとっては、
今後の動向を左右する内容です。

たとえば、NISA。

「大綱」では冒頭よりNISAの改正に強く言及しています。

NISA制度が抜本的・恒久化へと改正されるだけでなく、
利用対象者が幅広いことで関心も集まります。

殺風景な「大綱」では読みにくいと感じる場合でも、
わかりやすい解説が期待できそうです。

その一方で、「大綱」末尾の「付記」に掲げられた内容は

  • ???

かもしれません。

私は税理士ですが、上記については他人事ひとごとの印象です。

他人事という印象がある、利害関係のつながりに乏しい税制改正は
「大綱」に言及される経緯や影響が想定できていません。

税理士であっても字面以上に「大綱」が読めるとは言い切れません。
 (裏を返せば読める税理士には読めるわけです)

「大綱」を流し読みすると、自分の関心や理解が反応する箇所がわかります。

本編より予告 関心が薄くても進んでいく現状

「大綱」では「車体課税」として自動車に係る税金もとりあげています。

産業としても、生活手段としても自動車の存在は大きいのですが、

  • 申告納税制度ではない
  • 都市と地方での所有割合が異なる

という点で所得税などより注目度は低くなります。

とはいえ、税制改正は進んでいきます。

NISA制度の改正は注目度は高いものの、
所得税制度の一端にすぎないとも言えます。

所得概念や所得区分、課税標準は変わりません。

一方、車体課税は今後のBEVの販売や普及次第といった影響で
制度の見直しもあるかもしれません。

「大綱」を眺めてみると、

  • 関心が薄くても将来に向けて変わっていく

という現状がみえてきます。

将来の予告編として「大綱」を眺めることがおすすめです。

 

蛇足
「大綱」では以下の言及もありました。

定番の問題ともいえますが、税務相談相手の選択には留意していただきたい問題です。

 

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちら

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画