アウトプットのスタートとは

成果を早く出すためには、急がば回れです。

アウトプットのスタート インプットの後には

効率の良い学習や情報の収集といったインプットは、アウトプットを想定しているからこそ必要とされます。

趣味や自分の欲求を満足させることが目的のインプットでは、他からの評価は気にする必要はありません。

その一方で、 仕事の課題などでは何らかの評価がついて回ります。
インプットの成果であるアウトプットは、評価という文脈がついてまわります。

インプットからアウトプットまでの時間が短いことは、重要な評価の基準です。

しかし、不用意なアウトプットでかえって課題を増やしてしまっては元も子もありません。

とりわけ、仕事上のアウトプットで相手がいる場合には、インプットからアウトプットの過程が重要になります。

インプットからアウトプットへの過程で、やるべきことがあります。

アウトプットのスタート 架空セミナーを主催する

仕事上のアウトプットを前提にすると、アウトプットに必要なポイントは以下の二つです。

まず、自分が理解できているという自覚。

次に、自分が理解していることを 相手に伝えられること

後者でのポイントを検討していくと、アウトプットでやるべきことがわかります。
それは、誰かに伝えること、レクチャーすることです。
架空のセミナーを主催するともいえます 。

アウトプットの対象となる相手の方の想定を丁寧にすることがお勧めです。

私の場合は、出来る限り以下のような相手方(聞き手)の想定をするようにしています。
 ・目上の方や年配の方 → 親戚のおばや配慮が通常より必要な方
 ・知識は無いが、理解力がある方 → 中学生ほどの知識や常識を前提にする

仕事上取り扱う知識や考え方は、解釈が分かれるような困難な問題もありえます。

とはいえ、大半の伝えるべき事項は誰もが理解できるはずの事柄です。

伝え方を工夫することで、アウトプットや成果は期待できるはずです。

アウトプットのスタート ベストプラスα

わかったつもりでも、理解が不十分だったり、誤解があったりすることはあります。

それよりも注意したいのは、自分の理解の過程や道筋を唯一と考えないようにしたいことです。

何かを伝えるときに、たとえ話を使うことがあります。

伝える相手側と共有している情報があれば良いのですが、必ずそういった情報が共有できているとは限りません。

また、たとえ話ゆえの何らかの誤解が生じる可能性もあります。

自分にとってベストの理解だと思っても、それ以外の説明の方法を考えておくこともアウトプットのコミュニケーションでは必要です。

ベストの伝え方を想定しつつ、理解を補えるようにしていきたいところです。

「架空セミナー」の参加者は2人以上を想定しておきたいところです。

 

蛇足
インプットからアウトプットに至る過程は、もやもや感でいっぱいになります(笑)。

<ご案内>

■林友範税理士事務所

ご依頼はこちらから

■副業をされている方も応援しています!

副業から始める確定申告セミナー動画