インボイス登録するなら屋号もセットで!

フリーランス・個人事業主と法人との違いが出るテーマです。


シンプルな屋号

インボイスと屋号 屋号(ヤゴー)って何?

フリーランス・個人事業主での事業活動では経営者個人が
看板といえる存在になります。

とはいえ、データとして表記して識別してもらう必要があります。

たとえば、名刺の肩書。

会社などの組織に所属していれば、社名や役職などを
名前と一緒に表記しているはずです。

ではフリーランス・個人事業主では何を表記するか?

「屋号」ということになります。

私の名刺では、屋号+職業+名前を表記しています。

個人では税務署や都道府県税事務所に提出する開業届に
屋号を記載する欄があります。

看板が誰からみてもわかりやすく、誤解されることのないようにするように
屋号も識別の手段として有効になります。

インボイスと屋号 デフォルトはのっぺらぼう

2023年(令和5年)10月から消費税のインボイス制度が始まります。

消費税の納税負担に関わるデータや資料として請求書(インボイス)の
重要性が高まります。

インボイスがあったとしても、課税事業者としての「登録番号」がないと
仕入税額控除の対象とはならず、消費税の納税負担が増えます。

インボイスを受け取った後で、登録番号と発行した事業者との一致を
確認する必要もありそうです。

適格請求書発行事業者公表サイト(国税庁)」で確認できます。

フリーランス・個人事業主で登録している場合であれば、

  • 氏名
  • 登録番号
  • 登録年月日

といった確認ができます。

言い換えると、インボイス登録のデフォルト状態では
屋号は表示されません。

名刺や請求書にバシッと屋号を掲げていても、
インボイスの確認サイトではのっぺらほうとなります。

インボイスと屋号 インボイス登録にちょい足し

ビジネスの都合上、インボイス登録をするフリーランス・個人事業主では
屋号の登録も可能です。

インボイス登録の「適格請求書発行事業者の登録申請書」の提出と同時に
「適格請求書発行事業者の公表事項の公表(変更)申出書」も提出することができます。

上記の申出書は、屋号をインボイス制度でも看板として機能させる手段です。

請求書の発行はビジネスのクロージングの一環なので、
申出書の提出は検討してみる価値があります。

 

蛇足
先日参加した研修の講師(税理士)がウェブでよく誤解される
という方でした。
同姓同名の同業者が同じ市にいらっしゃるという事情でした。
個人事業主でも珍しいかもしれません。
講師は石井幸子税理士(横浜市中央区)であり、
南区の石井幸子税理士ではありませんでした。
うかつに検索して混乱しました(笑)。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン