お花見はドライブスルーもあり! 金沢市~加賀地方でのおすすめルート

コロナ禍対策ってわけじゃないんですが(笑)。

お花見ドライブ 理不尽な季節

4月になると北陸地方、石川県といっても暖かくなってきます。

4月の上旬にはソメイヨシノも満開になります。

コロナ禍とはいえ「兼六園(金沢市)」では無料開園も行われています。

風情があるイベントです。

ちょっと残念なのは地方が車社会ということです。

桜の見頃が週末、かつ好天ばかりでもありません。

平日、肌寒くなる夜に車を駐車してまで花見という選択は
とりづらい印象です。

お花見ドライブ おすすめのドライブコース

車社会だから花見と相性が悪いと諦めるよりも、
車社会と折り合いのつく花見という選択もあります。

車での移動やドライブでの花見です。

たとえば、兼六園。

園内での花見はドライブではできませんが、
「百間掘」からは走行しながら花見ができます。

犀川や浅野川沿いの桜も橋を渡る際に見られます。

  • 犀川:犀川大橋、桜橋
  • 浅野川:浅野大橋

金沢市内では他にも走行中に桜が見られる場所として、
金沢泉丘高校前などがあります。

加賀地方では林業試験場(樹木公園、白山市)も桜が充実しています。
(ソメイヨシノ以外の桜も見られます)

反面、週末に時間を割かないと観に行きにくい場所です。

車を運転しながら桜を見るのであれば、上記近郊の能美市にある
旧北陸鉄道能美線沿いの桜並木があります。
(地図上では「ヘルスロード」に該当します)

探してみると、車を走行しながらの花見ができる場所は見つかります。

ドライブをしながらの花見ならば、駐車場を探す手間も無いので気楽です。

メディアでのお花見報道でおいてけぼりを食わされる感のある車社会でも
お花見との折り合いはつきます。

お花見ドライブ いつもと違うルートで発見も

お花見ドライブ、ちょっとせわしないかもしれません。

何より運転をしている場合は、花にばかり見とれていられません(笑)。

前方注意!、です。

気分を上げるのもノンアルコール飲料が関の山です。

それでも一年の数日間の満開の桜を見逃したくないのであれば、
生活や仕事のなかでもお花見はできそうです。

普段と違うルートを使ってみると、発見もあるかもしれません。

 

蛇足
転職の機会が多かったのですが、お花見+飲み会の機会は
ありませんでした。
車の事情(駐車や代行の利用が必要)や通勤の事情を考えると、
そうした機会がなかったのは気楽だったかもしれません。

<お知らせ>
セミナー動画販売 副業をされる方も税理士受験者も応援しています!
■オンラインでのやりとりで参考にしてください
「タグ」→「オンライン